ダイレクトマーケティング専門

通販EC1,000社以上を支援

カテゴリー「基礎知識」の記事

単品リピート通販の先進事例など、ダイレクトマーケティングに関する実践的な情報をスタッフが発信しています。

データ分析をマーケティングに活かしたい!経営者へのお薦め本3冊

2017年6月22日
データにもとづいた分析と改善が、マーケティングの成功にあたって重要であることは、多くの経営者が認識しているでしょう。経営の視点で、何のデータにもとづいてどのように意思決定をすればよいのか?組織として推進できる体制をつくっていくのか?「A/Bテスト」や「リピート分析」など個々の施策だけにとらわれず、企業のデータ活用の“見取り図”を学べる3冊をご紹介します。

クロスセル活用戦略は、商品ごとに異なる -化粧品・健康食品通販の事例から-

2017年6月21日
1つ商品を買ってもらった顧客に、さらに別の商品も薦めることで、売上を高めるクロスセル。化粧品や健康食品など「単品リピート通販」と呼ばれる業態では、どのように活用されているでしょうか?それぞれの活用戦略の違いを、成功事例とともに解説します。

定期購入サービスで解約率(離脱率)を下げるための、改善事例3選

2017年6月15日
定期購入(サブスクリプション)サービスで重要なのが、既存顧客の継続率を高くキープすること。データ分析やA/Bテストなどを活用して、解約率/離脱率を低く抑えるための改善施策が、多くの企業で試みられています。携帯電話・食材宅配(ネットスーパー)・インターネットプロバイダーの3つの業種で実際に行われた、成功・失敗事例を紹介します。

【クロスセル基礎講座】通販ECの事例から学ぶ、戦略・分析とタイミング

2017年6月14日
クロスセル
1つ商品を買ってもらった顧客に、さらに別の商品も薦めることで、売上を高める「クロスセル」。マーケティングの現場では、どのように使えば効果的なのでしょうか?クロスセルの意味から、通販EC業界の事例をもとに戦略・分析方法、有効なタイミングまでまとめました。

顧客単価って、どうやって計算するの?販売現場で使われる、2つの意味

2017年6月8日
アップセル、クロスセル、客単価を上げるには
収益アップのために、重要なKPIとなる「顧客単価」。ところがマーケティング現場で客単価を算出しようとすると、「データベースから算出して計算する方法が分からない」「定義があいまいで、関係者ごとに理解が異なる」といった課題も起こりがちです。顧客単価を計算するための方法と注意点、2つの意味をまとめました。

客単価アップに効果的な、3つの心理的トリガー(成功事例付き)

2017年6月8日
客単価をアップするため販売側は知恵を絞っていますが、お客様の立場ではどうしたらたくさんのお金を使いたくなるのでしょうか?そのために大事なのは、お客様の心理を理解することです。「これならお金を出したい!」とお客様の心が動くトリガー(きっかけ)について、客単価アップの施策が特に進んでいる単品リピート通販業界の事例をもとに解説します。

通販ECの事例から学ぶ、アップセル施策が“効きやすい”タイミング

2017年6月1日
購入から3ヶ月間に、3回(または4回)のDMを送る場合の設計図
より高価格の商品を買ってもらうよう、お客様に提案するアップセル。その成否は、タイミングによって大きく左右されること、ご存知でしたか?化粧品・健康食品など通販EC業界の事例をもとに、アップセルが効果を発揮しやすい、「初回購入」「2回目購入」「定期購入継続」の3つのタイミングを解説します。

アップセル施策、単品通販での“鉄板”3選 ーまとめ買い・上位商品・定期コースー

2017年6月1日
収益アップのため有効に活用したい、アップセル。「客単価をあげる売り方」や「高価格な商品の設計」には、コツがありました。アップセルが有効に活用されている単品リピート通販業界で特に活用されている3つの施策について、事例を交えまとめました。
12345...»