単品リピート通販の事例から、

売れる仕組みのヒントをお届け

「アウトバウンド」が分かるお薦め記事まとめ

アジア進出、先行企業では定期通販の成功モデルが完成間近

2016年3月15日
台湾で事業展開する化粧品通販の成功事例として、新聞広告や折込チラシなどからの電話受注で、初回定期引き上げ率70%を達成するまでの試行錯誤をレポートしました。 確立した成功パターンを、「オンラインの広告」や「既存顧客の引き上げ」などへも水平展開するため、どのように施策を進めたかをご紹介します。

レスポンス19.7%!起死回生の現金券付きDMとは?

2015年7月17日
前編「MR1.99!台湾市場の潜在パワーを解明する」ではMR1.99と“ありえない”レスポンスを記録した、広告の事例をお伝えしました。 続編となる本記事のテーマは、リピート獲得。 アウトバウンドやDMといった日本の通販が生み出してきた勝ちパターンは、海外市場でも通用するのでしょうか?

あなたの会社で、定期顧客が離脱する理由、把握してますか?

2014年11月27日
定期購入をやめるお客様にその理由を尋ねて、離脱理由の1〜3位を集計したところ、興味深い分析結果が分かりました。 1ステップ/2ステップなど売り方によっても、上位の理由が異なるのです。 定期顧客の「やめる理由」と、離脱を防ぐためのコミュニケーション施策を合わせてお伝えします。

「顧客ポートフォリオマネジメント(CPM)」理論から学ぶ、定期顧客との付き合い方

2014年8月12日
定期コースのお客様のLTVを高めるために、クロスセル・アップセルはどのように仕掛ければよいのか? 定期入会のハードルを下げるために、どのような工夫が有効なのか? 単品通販企業の成功事例を、「顧客ポートフォリオマネジメント(CPM)」理論から解説します。
1234