単品リピート通販の事例から、

売れる仕組みのヒントをお届け

「クロスセル」が分かるお薦め記事まとめ

「クロスセル」について、単品リピート通販の事例などブログ記事をまとめました。

クロスセル活用戦略は、商品ごとに異なる -化粧品・健康食品通販の事例から-

2017年6月21日
1つ商品を買ってもらった顧客に、さらに別の商品も薦めることで、売上を高めるクロスセル。化粧品や健康食品など「単品リピート通販」と呼ばれる業態では、どのように活用されているでしょうか?それぞれの活用戦略の違いを、成功事例とともに解説します。

【クロスセル基礎講座】通販ECの事例から学ぶ、戦略・分析とタイミング

2017年6月14日
クロスセル
1つ商品を買ってもらった顧客に、さらに別の商品も薦めることで、売上を高める「クロスセル」。マーケティングの現場では、どのように使えば効果的なのでしょうか?クロスセルの意味から、通販EC業界の事例をもとに戦略・分析方法、有効なタイミングまでまとめました。

顧客単価って、どうやって計算するの?販売現場で使われる、2つの意味

2017年6月8日
アップセル、クロスセル、客単価を上げるには
収益アップのために、重要なKPIとなる「顧客単価」。ところがマーケティング現場で客単価を算出しようとすると、「データベースから算出して計算する方法が分からない」「定義があいまいで、関係者ごとに理解が異なる」といった課題も起こりがちです。顧客単価を計算するための方法と注意点、2つの意味をまとめました。

客単価アップに効果的な、3つの心理的トリガー(成功事例付き)

2017年6月8日
客単価をアップするため販売側は知恵を絞っていますが、お客様の立場ではどうしたらたくさんのお金を使いたくなるのでしょうか?そのために大事なのは、お客様の心理を理解することです。「これならお金を出したい!」とお客様の心が動くトリガー(きっかけ)について、客単価アップの施策が特に進んでいる単品リピート通販業界の事例をもとに解説します。

健康食品のクロスセル、定期会員への同梱物での成功事例

2016年3月15日
クロスセルが難しいと言われる健康食品でも、定期コース会員などの既存顧客へバックエンド商品の販売に成功している企業はあります。 「あなたが買う理由を明確にする」「ニーズに気づかせてあげる」などの工夫で、定期顧客へのクロスセルに成功している同梱物の事例をご紹介します。

顧客の購入パターンを分析して、LTVアップの“分岐点”が判明

2015年3月2日
顧客データの分析を行っている通販企業は多いはずですが、最終目的の「LTVアップ」にはどこまで役立っているでしょうか。   LTVアップのために、私たちの会社に最も効果的な方法は? 今すぐ取り組むべきは、具体的にどんな施策なのか?   そんな疑問に答える、「ゴールデンルート戦略」という考え方をご紹介します。

3年間で年商10億円を目指す!顧客ポートフォリオ・マネジメント実践例

2015年2月27日
LTVを重視する通販会社が導入することが多いのが、「顧客ポートフォリオ・マネジメント理論」(以下、CPM理論)です。 「3年間で年商10億円」など急成長を目指す会社のリピート施策をCPM理論に照らし合わせると、何が見えてくるのでしょうか? 急成長している通販会社が実践している施策について、お伝えします。

カタログの掲載商品数を減らしたとき、売上に変化は?

2014年12月10日
21世紀初頭、テレビ通販で一世を風靡した「ビリーズブートキャンプ」。 そんな大ヒット商品を輩出した通販企業(ショップジャパン)ですが、ブームの終焉後には売上が伸び悩んでいた時期もあったそうです。 売れ筋の商品をカタログに載せて送っても、売上が思ったようには伸びない。 そんなとき、販売データを分析してカタログのリニューアルを断行することにしました。
12