ダイレクトマーケティング専門

通販EC1,000社以上を支援

「グルコサミン」が分かるお薦め記事まとめ

健康食品のテスト事例「キャッチコピーを大きくしただけで、レスポンスが1.4倍に!」

2012年9月26日
タブロイド1ページ原稿
「テストしていても、レスポンスがあと一歩で目標値まで届かない」「昔は反応が良かった原稿が、だんだん疲弊している」そんな課題を広告ご担当者から伺うことが多くある一方、“コロンブスの卵”のような工夫で簡単にCPRが改善してしまった事例や手法についてお伝えします。

バーナム効果から学ぶ、「私のための商品!」と感じてもらう方法

2011年8月11日
「こんな方にオススメ」や「〜〜〜な方へ」など、ターゲットを絞って呼びかける広告。 お客様によりリアリティを抱かせ、「私のための商品!」と感じてもらうためには、どうすればよいでしょうか? 心理学の「バーナム効果」に、そのヒントが見つかりました。

認知度が低い商品でも、読み手が“勝手にイメージ”してくれるコピーとは?

2010年12月27日
化粧品や健康食品では薬機法などの法規制もあり、具体的な効果について広告で表現することが難しい傾向があります。 一般的にあまり認知されていない成分が使われている商品の場合、どうすればお客様に良さを伝えることができるのでしょうか? ある化粧水の広告の事例をヒントに、読み手が“勝手にイメージ”してくれるコピーの法則を探りました。

「なるほど」と納得させる ―売れている広告は、「想像」を促し”その気”にさせる vol. 2ー

2010年10月12日
昔から手入れのために使われてきた素材
「これを買えば!?」と思わせることに成功したら、次のステップは「この商品なら大丈夫」と納得してもらうことです。 「なぜその商品がよいのか?」をきちんと理解してもらうために鍵となるのは、「成分」や「素材」です。

「ホント!?」と一瞬で欲求に火をつける ―売れている広告は、「想像」を促し”その気”にさせる vol. 1ー

2010年10月12日
簡単ケアを売り物にするキャッチコピー
化粧品や健康食品の通販広告。「キレイになりたい!」「健康を取り戻したい」 このようなお客様の欲求に、“パッと見”で働きかけるためには、どうすればいいか? この疑問へのヒントとなったのは、あるコールセンターでトップクラスの売上を誇るオペレーターにインタビューするなかで、ふと彼女が漏らした言葉でした。