ダイレクトマーケティング専門

通販EC1,000社以上を支援

「化粧水」が分かるお薦め記事まとめ

「私に○日間ください」通販広告のバイブルから学ぶ、テスト済みコピー

2011年11月1日
「あなたが英語を話すために私に10日間ください。」 新聞広告に載っていた英会話教材のキャッチコピーと同じ、「時間をください」というタイプのコピーが、約80年前に米国で出版された“通販広告のバイブル”でも紹介されていました。 古典に学ぶ“テスト済みコピー”の型と、現代の通販広告の事例をお伝えします。

「ホント!?」と一瞬で欲求に火をつける ―売れている広告は、「想像」を促し”その気”にさせる vol. 1ー

2010年10月12日
簡単ケアを売り物にするキャッチコピー
化粧品や健康食品の通販広告。「キレイになりたい!」「健康を取り戻したい」 このようなお客様の欲求に、“パッと見”で働きかけるためには、どうすればいいか? この疑問へのヒントとなったのは、あるコールセンターでトップクラスの売上を誇るオペレーターにインタビューするなかで、ふと彼女が漏らした言葉でした。

「無料!」に自動的に反応してしまう理由

2010年6月1日
通販広告には、「無料」のオファーがあふれています。 「無料サンプル」「送料無料」「フリーダイヤル」・・・ なぜ無料が、消費者の心をここまで惹き付けるのでしょうか? 心理学の実験結果とともに、解説いたします。

選択肢を絞る ―お試し商品からの引き上げで「迷わせない」設計1―

2010年4月12日
「無料サンプル」や「トライアルセット」など、お試し商品からの引き上げ。 CRM施策が上手と言われる通販会社の商品を購入して、DMや同梱物、アウトバウンドなどを調査すると、お客様を「迷わせない」設計の重要性が分かりました。 「迷わせない」ための秘訣の1つ目、「選択肢を絞る」をテーマに解説します。

購買判断の「先延ばし」をさせないために

2009年11月27日
前編の記事では、「選択肢が増えると、人は迷ってモノを買わなくなる」という傾向を、心理学の実験とともにお伝えしました。 この法則、化粧品・健康食品など単品リピート通販業界ではどのように取り入れられているのか?を調べてみました。 あるDMでは、複数の商品を載せつつ、1つの商品に迷わせずに誘導する設計が上手だなと思ったので、ご紹介します。