ダイレクトマーケティング専門

通販EC1,000社以上を支援

「回帰分析」が分かるお薦め記事まとめ

LTVの分析をマーケティングの改善に役立てる、2つの方法

2017年2月3日
ステップメールでのA/BテストでLTVを比
ダイレクトマーケティングで欠かせないのが、LTVの分析。特に通信販売などリピート購入が収益源となるビジネスでは、お客様一人ひとりがどれだけお金を使ってくださるか? すなわちLTVを高めていくのは重要です。この記事では「広告」と「CRM」の2つの観点から、LTV分析の具体的な方法を紹介します。

「回帰分析」で、“眠った”データから利益を生むマーケティング手法

2012年2月27日
マーケティングにおけるデータ活用で、忘れられがちですが有効なのが「回帰分析」。 ある事象同士の相関性を調べて、原因→結果となる方程式を組み立て、利益の最大化に役立てる事例が、米国を中心に出てきています。 通販化粧品で引き上げ率を改善したケーススタディも交え、収益改善のために“眠ったデータ”を活用する考え方をお伝えします。

顧客育成シナリオから見えてきた「勝ちパターン」 ―「顧客育成シナリオ不在の罠」第4回―

2010年6月29日
年商23億円の化粧品会社をモデルにしたケーススタディの全5回にわたる連載、今回は第4回目です。(前回は、第3回「データベースに基づく「戦略的顧客セグメント」」を参照) 成長期の通販会社の現場で、実際に起こりがちな事例を想定。売上減少に陥ったキララ商品が年商30億円も見える成長路線に戻るまでの過程を、ストーリー形式でお伝えします。

年商30億円も見える、再成長路線へ―「顧客育成シナリオ不在の罠」第5回―

2010年6月29日
リピート率グラフ
年商23億円の化粧品会社をモデルにしたケーススタディの全5回にわたる連載、今回は第5回目です。(前回は、第4回「顧客育成シナリオから見えてきた『勝ちパターン』」を参照) 成長期の通販会社の現場で、実際に起こりがちな事例を想定。売上減少に陥ったキララ商品が年商30億円も見える成長路線に戻るまでの過程を、ストーリー形式でお伝えします。