ダイレクトマーケティング専門

通販EC1,000社以上を支援

「新聞広告」が分かるお薦め記事まとめ

化粧品通販の広告キャッチコピーで使える!?10の鉄板テンプレートと3つの事例

2016年11月18日
広告キャッチコピー
通販広告では、キャッチコピーがレスポンスやコンバージョンに影響を左右する重要な要素と知られています。コピー作りで良いアイデアがなかなか思い浮かばない時、どうすれば良いでしょうか? 売れるコピーには、共通する「型」があります。キャッチコピーを考えるときに参考になる10のテンプレートと、化粧品通販の3つの事例を「最強のコピーライティングバイブル」という本からご紹介します。

広告のレスポンスが2.2倍増、「アンカリング」という心理メカニズム

2013年3月13日
広告で商品を販売する場合、「オファー」の表現方法を変えるだけで、レスポンスは大きく異なります。 ある美容クリームの広告で、初回限定価格の“お得感”を強調するだけで、受注件数が2.2倍にアップした事例がありました。 背景にある「アンカリング」という心理メカニズムとともに解説いたします。

「口紅は男に売り込め!」レッドオーシャンから抜け出す、売り方の発想法

2012年10月12日
競争の激しい既存市場で、商品を売り続けるにはどうすればよいでしょうか? 「口紅は男に売り込め!」は、ある外資系化粧品ブランドが売れなかった口紅を、5万本を売るヒット商品へと再生した事例をもとにした書籍。 同書の事例をヒントに、売り方の発想やターゲットを変えて、レッドオーシャンから抜け出す方法を解説します。

「私に○日間ください」通販広告のバイブルから学ぶ、テスト済みコピー

2011年11月1日
「あなたが英語を話すために私に10日間ください。」 新聞広告に載っていた英会話教材のキャッチコピーと同じ、「時間をください」というタイプのコピーが、約80年前に米国で出版された“通販広告のバイブル”でも紹介されていました。 古典に学ぶ“テスト済みコピー”の型と、現代の通販広告の事例をお伝えします。

認知度が低い商品でも、読み手が“勝手にイメージ”してくれるコピーとは?

2010年12月27日
化粧品や健康食品では薬機法などの法規制もあり、具体的な効果について広告で表現することが難しい傾向があります。 一般的にあまり認知されていない成分が使われている商品の場合、どうすればお客様に良さを伝えることができるのでしょうか? ある化粧水の広告の事例をヒントに、読み手が“勝手にイメージ”してくれるコピーの法則を探りました。

「初回無料!ただし・・」現状維持バイアスを活用して、定期購入を増やす仕組み

2010年11月15日
普段と変わった行動をとることを避ける“現状維持バイアス”。 他に魅力的な選択肢があっても、人は惰性で同じ行動をとり続ける傾向があります。   通信販売の「定期コース」では、そんな現状維持バイアスが活用されています。 定期顧客を新規獲得してリピートしてもらう仕組みについて、具体的な事例を調べました。

売れている広告は「想像」を促し”その気”にさせる

2010年11月14日
今回の事例研究のテーマは、前回に続いて「広告クリエイティブ」です。 化粧品・健康食品の通販広告30社分の事例から、読み手に「想像を働かせてもらう」をコンセプトに、直感的に「ピンときて」もらいやすい表現の工夫を取り上げます。

「お金を使う罪悪感」に、“購入の言い訳”を用意してお客様の背中を押す方法

2010年10月20日
買い物でお金を使うことへの罪悪感。 買うのを思いとどまろうとするお客様に、背中を押して購入を決断してもらうためには、どのようなコミュニケーションが有効なのでしょうか? ある健康食品の通販広告に、「商品の売上の一部を寄付」が載っていました。その意図と効果を考察します。
123