ダイレクトマーケティング専門

通販EC1,000社以上を支援

「有意差」が分かるお薦め記事まとめ

そのA/Bテストの結果、信頼できる?統計が苦手な人向け、有意差の検定法

2012年1月11日
広告の費用対効果を高めていくために不可欠なA/Bテストですが、やはり誤差も生じます。ではサンプルがいくつあれば、有意差のある統計データがとれるのでしょうか?同じA/Bテストで結果が逆になってしまった事例と、統計が苦手な人でも分かる、有意差の検定法をお伝えします。