ダイレクトマーケティング専門

通販EC1,000社以上を支援

「白髪染め」が分かるお薦め記事まとめ

売れなかった商品を一変させた、魔法のコピー —「通販生活」創業者に学ぶ、商品の“使用価値” の創り方—

2011年1月13日
これまで売れなかった商品が、広告のキャッチコピーを変えただけで売上が大きく伸びる、ということがあります。 売上を劇的に上げるコピーを生み出すために欠かせないのは、商品の「使用価値」を再定義すること。 化粧品通販での実例や「通販生活」で起こった事例をもとに、考察します。

「なるほど」と納得させる ―売れている広告は、「想像」を促し”その気”にさせる vol. 2ー

2010年10月12日
昔から手入れのために使われてきた素材
「これを買えば!?」と思わせることに成功したら、次のステップは「この商品なら大丈夫」と納得してもらうことです。 「なぜその商品がよいのか?」をきちんと理解してもらうために鍵となるのは、「成分」や「素材」です。

「ホント!?」と一瞬で欲求に火をつける ―売れている広告は、「想像」を促し”その気”にさせる vol. 1ー

2010年10月12日
簡単ケアを売り物にするキャッチコピー
化粧品や健康食品の通販広告。「キレイになりたい!」「健康を取り戻したい」 このようなお客様の欲求に、“パッと見”で働きかけるためには、どうすればいいか? この疑問へのヒントとなったのは、あるコールセンターでトップクラスの売上を誇るオペレーターにインタビューするなかで、ふと彼女が漏らした言葉でした。

「でも・・・」解消して背中を押す ―売れている広告は、「想像」を促し”その気”にさせる vol. 3ー

2010年10月12日
図書館で集めた地方新聞の掲載広告から出稿パターンを分析
商品への欲求が刺激されて、その商品の良さをお客様自身で理由付けしてくれたら、最後は購入へのハードルを乗り越えてもらいます。 「でも・・・」と気になっている障害を一つずつ取り除いて、「買おうかな」と思っているお客様の背中を押してあげるのです。

「共感してもらう」―”売れている広告”は「売り込み」から入らない vol.3ー

2010年6月29日
「”売れている広告”は「売り込み」から入らない」をテーマにお届けしている連載記事。 注目してもらい、関心を得ることに成功したら、次は読み込んでもらい「買おうかな!?」という気持ちになってもらうことです。   そのために有効なステップ、「共感」してもらうための工夫を解説します。