単品リピート通販の事例から、

売れる仕組みのヒントをお届け

「統計学」が分かるお薦め記事まとめ

A/Bテストの期間、結果が出る(有意差が付く)までに必要なのは?

2017年3月31日
ABテスト
A/Bテストを始める時に気になるのが、「テスト結果が出るまでに、どれだけの期間がかかるか?」このテスト期間を判断するのが実は難しい理由と、その場合の代替案を、簡単な統計学の観点から具体的なケースを交えて解説します。

なぜ間違ったA/Bテストを信じてしまうのか?統計学から見た「誤差」の正体

2017年3月23日
正規分布
広告のレスポンスやLPのコンバージョン率を上げるために行われる、A/Bテスト。実は統計的に正しくないテスト結果にもとづいて、売上アップに貢献しない「改善」が行われがちであることをご存知ですか?マーケティングの現場で起こりがちなケースをもとに、「誤差」や「有意差」などについて、統計学の知識がない方にも分かりやすく解説します。

そのA/Bテストの結果、信頼できる?統計が苦手な人向け、有意差の検定法

2012年1月11日
広告の費用対効果を高めていくために不可欠なA/Bテストですが、やはり誤差も生じます。ではサンプルがいくつあれば、有意差のある統計データがとれるのでしょうか?同じA/Bテストで結果が逆になってしまった事例と、統計が苦手な人でも分かる、有意差の検定法をお伝えします。