ダイレクトマーケティング専門

通販EC1,000社以上を支援

「美容サプリ」が分かるお薦め記事まとめ

通販で“PR”は有効なの?「ダイレクトPR」が売上アップに貢献した、3つの事例

2017年4月17日
PR素材の二次活用
マスメディアに「広告」ではなく、「記事」として取り上げてもらうPR。これまで通販企業にはあまり活用されていない手法でしたが、広告との連動でCPA改善に貢献する事例が出てきました。通販ビジネスならではの「ダイレクトPR」について解説します。

月間新規3,000件も!単品通販で売れる「動画広告」の、クリエイティブ攻略法

2017年2月17日
「商品×会話調」のクリエイティブ
この1年間、WEB広告で急速に伸びているのが「動画広告」です。FacebookやLINEなどタイムライン型のメディアで、目にする機会も増えているでしょう。単品リピート通販でも、動画広告の導入によって「CPAが50%ダウン」や「動画だけで月間3,000件獲得」といった成功事例が増えています。一方、動画広告の成功パターンをつくりあげている会社はまだ多くはありません。約30社で300本の動画広告を制作、テストを重ねてきたなかでわかってきたノウハウを解説します。

LINE Ads Platformで実証済み!動画広告の必勝パターンが、見えてきました

2017年2月17日
LINE NEWSに掲載される広告の例(上記の媒体資料)より
2016年に始まった、LINEの運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」。化粧品・健康食品でも、活用事例が増えてきました。 LINE Ads Platformとは?から、単品リピート通販での動画を用いた成功事例までお伝えします。

「私に○日間ください」通販広告のバイブルから学ぶ、テスト済みコピー

2011年11月1日
「あなたが英語を話すために私に10日間ください。」 新聞広告に載っていた英会話教材のキャッチコピーと同じ、「時間をください」というタイプのコピーが、約80年前に米国で出版された“通販広告のバイブル”でも紹介されていました。 古典に学ぶ“テスト済みコピー”の型と、現代の通販広告の事例をお伝えします。

「若見え」の広告。50代女性がほめられて嬉しいのは、夫?友達?子ども?

2011年7月12日
基礎化粧品や美容サプリでは、見た目は若々しい女性が「実は53歳だった!」というタイプの広告がよく見られますね。 この「若見え」の広告、数多くの競合の広告に埋もれずリアリティを感じてもらうためには、どうすればよいでしょうか? 女性が「誰から若く見られると嬉しいか?」の調査レポートの結果から、分析しました。

「初回無料!ただし・・」現状維持バイアスを活用して、定期購入を増やす仕組み

2010年11月15日
普段と変わった行動をとることを避ける“現状維持バイアス”。 他に魅力的な選択肢があっても、人は惰性で同じ行動をとり続ける傾向があります。   通信販売の「定期コース」では、そんな現状維持バイアスが活用されています。 定期顧客を新規獲得してリピートしてもらう仕組みについて、具体的な事例を調べました。

「ホント!?」と一瞬で欲求に火をつける ―売れている広告は、「想像」を促し”その気”にさせる vol. 1ー

2010年10月12日
簡単ケアを売り物にするキャッチコピー
化粧品や健康食品の通販広告。「キレイになりたい!」「健康を取り戻したい」 このようなお客様の欲求に、“パッと見”で働きかけるためには、どうすればいいか? この疑問へのヒントとなったのは、あるコールセンターでトップクラスの売上を誇るオペレーターにインタビューするなかで、ふと彼女が漏らした言葉でした。

「でも・・・」解消して背中を押す ―売れている広告は、「想像」を促し”その気”にさせる vol. 3ー

2010年10月12日
図書館で集めた地方新聞の掲載広告から出稿パターンを分析
商品への欲求が刺激されて、その商品の良さをお客様自身で理由付けしてくれたら、最後は購入へのハードルを乗り越えてもらいます。 「でも・・・」と気になっている障害を一つずつ取り除いて、「買おうかな」と思っているお客様の背中を押してあげるのです。
12