単品リピート通販の事例から、

売れる仕組みのヒントをお届け

右脳=感情にダイレクトに響く、広告のレイアウト

左脳は論理を、右脳は感情を扱うと言われていますね。
2つの脳の役割分担が、左右の「視界」と密接に関係することが分かってきました。

 

広告の紙面レイアウトを考えるうえで、押さえておきたい脳の機能について調べました。

比較テストで軍配!「両脳型」広告とは?

 

ある書道教室の折り込みチラシの事例です。

 

チラシのウラ面は共通、オモテ面だけ差し替えて、以下の3パターンのテストが行われました。

 

 

1.左脳型:言語的表現(コピー)で、機能面を重視

 

2.右脳型:感性的表現で、ビジュアル面(イメージ)を重視

 

3.両脳型:コピー・ビジュアルがバランス良く表現されている

 

( 出典:「確実に販売につなげる 驚きのレスポンス広告作成術」岩本俊幸

 

最もレスポンスが多かったのが、3の両脳型だったそうです!
(※どんなチラシか気になる方は、↑の本の79ページにて)

 

ちなみに、反応のあった人は、3の両脳型では男女同数でしたが、1の左脳型は男性が、2の右脳型は女性が多かったそう。
(やっぱり女性には、感性的な表現が響きやすいのかもしれませんね。)

 

 

左脳と右脳、人間の脳の特性を理解すると・・・

 

広告でも“感情”と“論理”の両方の要素を、バランス良く混ぜ合わせるのが大事。

 

これについては、原理としてはわかったのですが、では、
「広告を作るとき、どうやって情報を配置していけばいいのか?」

 

 

そんなことを考えていたときに、脳科学について面白い知見を見つけたので、紹介いたします。

 

 

人間の脳はご存知のとおり、左脳と右脳にわかれています。、

 

・左脳=論理
・右脳=感情

 

を司ると一般的には言われますが、その役割分担が左右の「視界」と、どうやら密接に関わっているらしいのです。

 

人間の脳の構造上、左目から入った情報は右脳に、右目から入った情報は左脳へと届きます。
(参考:MSDマニュアル家庭版)

 

 

この顔、「男女どちらに見える!?」

 

私たちがその瞬間で切り取った視界のなかで、左側にあったモノが、右脳へと届く。
すると・・・

 

右脳に届いた電気信号、つまり左目から受け取った視覚情報は、感覚的に処理されやすいのです。

 

 

左側にあるものが、全体の視覚イメージを決める
この傾向は、人の「顔」を素材にしたある実験でも明らかにされています。

 

 

男性の顔の半分と女性の顔の半分を合わせた、合成写真を作ります。

 

これを見せて、「男女どちらに見えるか?」を聞いたところ・・・

 

顔の左側が女性的であれば、全体として女性的に見える。
左側が男性的であれば、全体として男性的に見える。

 

そう多くの人が答えるそう。

 

つまり、左側に見えるパーツが全体のイメージを決めていたのです。

 

(参考:顔は右脳が判断するのか

 

 

写真やイラストは、左右どちらに置けばよい?

 

これまで分かったのは、紙面の左側にある情報は右脳に取り込まれて、感覚的に処理されやすいということ。

 

そうすると…

 

 

ここで広告紙面の話に戻ります。

 

写真やイラストなど直感的なコンテンツは、左側に配置していた方が、脳にとりこまれやすく

 

・逆に、成分解説のコピーなど論理的な内容は、右側にあった方が、左脳で処理してもらいやすいのかもしれません。

 

 

思いつくままそんな仮説を立てて、弊社にストックしてあったタブロイド型フリーペーパーを調べてみたところ…

 

・左側:写真
・右側:コピー

 

というレイアウトの広告、確かにやっぱり見つかります!

 

 

 “体験談型”のレイアウト、共通点は?

 

たとえば、「話題の“塗るボトックス”」と題した美容液の広告。

 

B4縦長の紙面を広げると、“パッと見”で映るのが、左上に配置された体験者(女性・40歳)の写真です。

 

「プチ整形した?」
「いいえ、塗っただけよ(笑)」

 

というインパクトのある台詞とともに、目に飛び込んできます。

 

右側に目をやると、その体験者に美容ライターが取材した文章が。
興味を持ったお客様に、じっくりと読み込んでもらおうという意図でしょう。

 

 

タブロイド紙で特に多い、体験談をメインとした広告。

 

このように「左上に写真」「右側にメインコピー」「左下に商品写真+オファー」という構成、よく見られますね

 

 

もちろん、写真が右側や中央に配置されている広告も多々ありますし、左右どちらの面に載るかでも、視界への映り方は変わると思います。

 

「どの構成がよいか?」はケースバイケースでしょうが、この右脳(感情)・左脳(論理)の働き。

 

コンテンツや紙面構成を考えるうえで、頭に入れておきたいなと思いました。