単品リピート通販の事例から、

売れる仕組みのヒントをお届け

カテゴリー「広告」の記事

単品リピート通販の先進事例など、ダイレクトマーケティングに関する実践的な情報をスタッフが発信しています。

定期CPO20%低下も!レスポンスを落とさず引き上げ率を高める、広告クリエイティブの改善法

2021年7月27日
電話誘導のイメージ例(画像右下)
単品通販は、2回目以降もリピートしてもらうことで利益を積み上げていくビジネスモデルです。 ここ数年は「CPR・レスポンス率だけでなくCPOまで見据えた新規獲得を行いたい」と考える企業が増えてきています。 継続の必要性を感じてもらうチラシとは?取り組みやすいポイントをクリエイティブの観点からお伝えします。

LINEトークリストの広告配信が全面解禁!CV数2.3倍・CPA50%改善の事例も

2021年7月5日
LINE広告の主な配信先
LINE広告の配信先のひとつであるトークリスト。2021年5月時点で常時表示される仕様となり、広告インプレッションも大きく増加しています。 最も多くのアクティブユーザーにアプローチできる広告枠として、導入を始める企業が増加。化粧品・健康食品企業でも月間獲得数数千件する事例が出てきました。トークリスト配信の鍵を握るフォーマット「Small Image」と、その後のLINE広告拡大を3ステップでお伝えします。

大物芸能人の広告起用、なぜ通販・D2Cで今増えている?売上効果のあるタレントの選び方

2021年5月25日
複数タレントを起用した際の活用イメージ
通販企業のキャスティングにおいて、”大物芸能人”の露出はほとんどありませんでした。 しかし最近ではトップクラスの芸能人が登場するケースが増えてきています。 そのきっかけの1つに芸能人の事務所独立によるものがあげられます。 これらの変化とともに、大物芸能人の起用はどの段階で行うべきなのか、年商規模の観点から企業フェーズごとにタレントの選び方と注意点をお伝えします。

ポストITP・リタゲ時代に必見!LP離脱者へのLINE友だち登録で、CVを3,000件追加で獲得する方法

2021年4月27日
友だち追加のポップアップ
ITP対応などでCookieを利用した広告配信が制限されるようになり、注目されている代替策が「LPを訪問した」など商品に興味をもったユーザーのリスト化です。 特に化粧品や健康食品で実績が出ているのが、LINE友だち登録からのメッセージ配信。「月間CV3,000件以上」など実績をもとに見えてきた方法論をお伝えします。

2020年、オフライン通販で売れている企業は?チラシ広告の最新状況

2021年4月2日
デジタルシフトが急速に進んで1年以上、WEB広告からの新規獲得が伸びた通販企業も多いかと思います。 一方、オフライン広告はどうだったのでしょうか? 同封同梱広告を事例にマーケットの現状をレポートするとともに、チラシでレスポンスを獲れる通販企業の共通点を、商材・媒体・クリエイティブの3つの視点からまとめました。

ボタンのA/Bテストで、CVR20%アップ!フォーム離脱の最も多い「カゴページ」の改善方法

2020年8月19日
カートに商品を入れても購入まで至るのは2割から3割ほどと言われています。特に健康食品や化粧品などを扱う単品EC企業70社の平均ではカゴ落ちが84%というデータも。 前回の記事では、カゴ落ちの改善策を入力ページごとに分解してお伝えしました。 今回はさらに手前、カゴページでできる改善施策をお伝えします。 モニター調査からあぶり出された「そもそも入力ページへ遷移しない」理由をボタンで解決する方法を3つご紹介します。

Yahoo!ディスプレイ広告を始めるなら?3ヶ月間のテストで、成功パターンを作る方法

2020年8月4日
Yahoo!ディスプレイ広告で、CPAを抑えたまま新規獲得数を増やす単品リピート通販企業が増えているのは、前回の記事でもお伝えしたとおりです。 「初めてトライする」あるいは「過去にYDNでは効率が合わずやめてしまった」という企業様の場合は、どのように軌道に乗せていけばよいのでしょうか?成功事例から見えてきたテストのポイントをお伝えします。
12345...1020...»