単品リピート通販の事例から、

売れる仕組みのヒントをお届け

カテゴリー「広告」の記事

単品リピート通販の先進事例など、ダイレクトマーケティングに関する実践的な情報をスタッフが発信しています。

なぜ「記事型」広告が伸びている?CPAを維持して、直接CVを拡大できる理由

2018年6月13日
オンラインからの新規獲得で、この1,2年間で大きなボリュームを占めるようになったのが、「記事」を活用した広告手法です。なぜ「記事型」でCVを伸ばしている、単品リピート通販企業が多いのか?一時的なブームに過ぎないのか、それとも長期的な成長トレンドと捉えてよいのか?スマホの普及にともなうユーザー行動の変化やメディア側の動向などから読み解くとともに、今後2,3年間のトレンドを予測します。

「インスタでも話題」でCPA改善!インフルエンサー投稿・PR実績の2次利用の効果と、よくある失敗例

2018年5月30日
Instagramが消費者の購買行動に大きな影響を及ぼしていること、Instagramを活用することによって売上アップを実現している通販企業が増えていることは、前回の記事でお伝えしたとおりです。   なかでも、単品リピート通販の業態にとって効果が出やすいのは、「インスタでも話題」「芸能人も使用」「専門家が推薦」「マスコミにも取り上げられた」といった表現を使って、第三者による推奨を広告で活用すること。   この手法で効果が出た具体的な事例と、この手法を採用する企業が気をつけるべきポイントをお伝えします。

LINEで売れる広告クリエイティブ、 NEWS面とタイムライン面では大きな違い!

2017年11月16日
NEWS面(左)とタイムライン面(右)の広告掲載イメージ
化粧品や健康食品の広告掲載が2016年に“解禁”されてから、単品通販でも出稿が増えているLINE Ads Platform。ひと口にLINEと言っても、「NEWS面」と「タイムライン面」など掲載面によって、それぞれCVが獲れるクリエイティブは異なります。動画と静止画それぞれを活用して、ユーザー心理に沿ったクリエイティブを開発する考え方と成功事例をお伝えします。

LINEの運用型広告で、CPAが2分の1に!アカウント改善の鍵は?

2017年10月10日
2016年に化粧品や健康食品の広告掲載が“解禁”された、LINE Ads Platform(LINEの運用型広告の一部)。現在では数多くの単品通販企業の広告が、LINEのタイムラインやニュースに掲載されていますが、現時点ではアルゴリズムの変化も激しく、アカウント運用の“必勝パターン”は確立されていません。セグメントの設定や入札単価の調整など、試行錯誤しながら運用するなかで分かってきた重要なポイントを、A/Bテストの結果とともにお伝えいたします。

プロダクト・ライフサイクル理論から考える、単品通販のマーケティング戦略

2017年9月7日
「プロダクト・ライフサイクル理論」はご存知ですか?導入期→成長期→成熟期→衰退期と 商品や成分が4つのステージをたどるなかで、どのようにマーケティング戦略を適応させていけばよいのか?単品リピート通販業界に当てはめたケースと各ステージの特徴、さらには成熟期の企業が取るべき戦術を解説します。

商品のベネフィットを可視化するため、マーケティングの現場で実践している方法

2017年8月3日
スペック・メリット・ベネフィットの違い
マーケティングの現場でもよく使われる、「ベネフィット」という言葉。“スペック”や“メリット”など類似の概念との違いから、ベネフィットが重要な理由、さらに商品のベネフィットを見つけ出す方法まで解説します。

体験談の“鉄板”パターンと、愛用者への取材で聞くべき17の質問

2017年7月10日
広告のレスポンスを左右する大事なパートが、体験談(愛用者の声)。その体験談で大事なのが、共感を生む“生の声”をお客様から引き出すことです。体験談の“鉄板”のパターンと、愛用者へのインタビュー取材で質問するべき17の項目をまとめました。

「通販で、最近売れている商品は?」テレビ広告出稿データから判明、3つの事実

2017年6月22日
ロコモ製品のインフォマーシャル出稿量の推移ロコモ製品のインフォマーシャル出稿量の推移
テレビで盛んに放映されている、化粧品や健康食品などの通販番組。いわゆるインフォマーシャルですが、「いつ」「どの局で」「どの企業の」広告が放映されているか?を記録したデータベースが存在すること、ご存知ですか?インフォマーシャルの出稿量を定量的に分析したところ、広告出稿量が最近増えている3つの商品カテゴリが見つかりました。
«...23456...1020...»