単品リピート通販の事例から、

売れる仕組みのヒントをお届け

「アップセル」が分かるお薦め記事まとめ

定期顧客のLTVを、初回から一気に高めるアップセル手法

2015年11月15日
定期顧客のLTVを高めるのは、単品リピート通販事業にとって重要な課題です。 今回ご紹介するのは、EC先進企業で最近導入が増えてきた、2つの販売テクニック。 「定期まとめ買い」と「年間定期コース」を、事例を交えてご紹介します。

「インバウンド・アップセル」とは?お試し商品から引き上げる、電話トークの秘密

2015年10月30日
チラシのオファーが無料サンプル配布や500円など低価格のトライアル商品の場合、レスポンスは良くても、本商品の購入には至らないことがあります。 そこで、電話で注文した新規顧客への「インバウンド・アップセル」など、LTVを高める工夫をお伝えします。

定期購入に面白いほど引き上がる、電話トークと広告オファーの事例

2015年10月30日
定期コースの特典も広告紙面に記載
コールセンターが強い通販会社は、「インバウンド・アップセル」や「アウトバウンド」などで、獲得した新規顧客を本商品や定期コースに引き上げています。そのような企業が行っている、チラシのオファーとインバウンドでのトークのメカニズムを解説します。

チラシに申し込み専用ハガキを付けて、CPOを下げた事例

2013年11月14日
「ハガキ有り」と「ハガキ無し」のチラシ裏面の例
通販のチラシには、お客様が電話やWebだけでなく郵送でも申し込みやすいように、申し 込み専用のハガキを付ける場合があります。 ハガキを付けることによって、レスポンスは高まるのでしょうか? ある企業が、ハガキの有無でチラシのA/Bテストを行った事例を紹介します。

「980円お試し」から本商品へ、購入完了画面でアップセルする方法

2012年6月12日
WEB広告からは「980円」など、安価なお試し商品で見込み客を獲得するのが主流です。 見込み客の引き上げ率を高めるために、ステップメールや同梱物などの工夫も欠かせませんが、見逃されているのが注文時の「確認画面」や「完了画面」。 ダイエットサプリのLPの事例と、オフラインとも共通するアップセルの考え方をお伝えします。

無料特典のありがたみを効果的に伝えるための、たった1つの方法

2012年4月11日
数多くの通販企業が展開している、無料キャンペーン。 この無料特典ですが、単に無料として与えるだけでは価値が低いモノとみなされてしまうことが、心理学の実験によって明らかにされました。 無料特典のありがたみを実感してもらい、お客様を惹き付けるための、伝え方のヒントについてまとめました。

初回から定期購入してもらえる、「リスク・リバーサル」を活用した電話トーク

2011年9月13日
化粧品や健康食品の通販で売上アップのために大事なのが、定期顧客を増やすこと。 初めて購入しようと電話をかけたお客様に、定期コースへ無理なく入ってもらえる方法を実践していた会社がありました。 「リスク・リバーサル」というセールスの技術を活用した、インバウンド(電話での受注)時のトークをご覧ください。

定期コース引き上げ、アップセルがうまくいく意外な“キラーワード”とは?

2011年3月24日
通販で定期顧客を増やすために有効なのが、「引き上げ」と呼ばれる手法。 単品購入を検討していたお客様に、広告やコールセンターで定期コースを薦めてアップセルします。 この引き上げにおいて、多くのお客様が「それなら定期コースにしよう」と態度を転換する、意外なキーワードがありました。
12