単品リピート通販の事例から、

売れる仕組みのヒントをお届け

「ワンスター」が分かるお薦め記事まとめ

入力フォーム改善、システムを改修せず「CVRが平均20%アップ」の裏側

2019年9月12日
CVRに大きな影響を与える入力フォーム。しかし、決済システムや顧客データベース連携などもあり「大事だと分かってはいるけど、取り組めない」ということも。「もっと手軽にA/Bテストによるフォーム改善を回してもらいたい」という思いから、私たちはタグ1つを設置するだけで、カートのA/Bテストを可能にする方法を開発しました。後回しにしてはもったいない、「カゴ落ち」を防ぐメリットをお伝えします。

なぜECで「カゴ落ち」は起こるの?価格表示や決済など、ユーザー調査で見えた思わぬ離脱ポイント

2019年8月29日
EC事業者にとって悩みのタネなのが「カゴ落ち」。購入の意思をもって入力フォームにたどり着いたユーザーが、離脱してしまうのはなぜでしょうか?エンドユーザーへのインタビューやアンケートで見えてきたもの。それは、「価格の総額を表示するタイミング」など事業者側では見落としがちな意外なポイントが、実は離脱要因になっていたことでした。A/Bテストによるカゴ落ち改善事例と合わせて、お伝えします。

スマホ時代、入力フォームの新法則!画面遷移数など、UX改善のテスト事例から

2019年8月14日
カートやフォームまでたどり着いても、7-8割のユーザーが離脱してしまう「カゴ落ち」。 スマホからの流入が圧倒的多数になったのにともない、CVRアップのための方法論も変化してきました。 定石を覆したA/Bテスト事例と、背景にあるユーザー行動の変化をレポートします。

LINE Ads Platformの新プラットフォーム、「CPA最適化配信」フル活用のポイントと注意点

2019年5月30日
広告の配信ボリューム(露出)とCPAの推移イメージ
化粧品・健康食品通販でも、新規顧客獲得の中心を占めるケースも増えた、LINE Ads Platform(以後LAP)。 2018年8月に始まった「新プラットフォーム」への移行では、広告配信のアルゴリズムなどにも大きな変化がありました。 今回は新プラットフォームの主な特長と、広告主側が押さえておくべきポイントを解説します。

40代以上女性顧客をLINEで獲得するには?タイムライン攻略法

2019年5月29日
単品リピート通販企業にとって、ターゲット顧客になることが多い「中高年女性」。 デジタルからの獲得比率が増えてきた最近では、LINEの広告(LINE Ads Platform)を活用して、40代以上の女性を獲得する事例が増えてきました。 LINEのユーザー属性を踏まえたうえで、特に「タイムライン」への広告配信でCVを獲得する方法をお伝えします。

記事型広告でCVを爆発的に伸ばした通販企業が、低迷期にぶつかった“3つの壁”と乗り越え方

2018年9月6日
LINEやFacebook、あるいはYCD(Yahoo!コンテンツディスカバリー)やOutbrainといったメディアから記事に誘導し、LPへと送客する“記事型”の広告手法。「月間新規1万件獲得」など、単品リピート通販を中心に成功事例が増えています。一方、従来の“バナー型”と比べて成功パターンを作るための難易度も高く、苦戦する企業も。成功企業は、どのように壁を乗り越えてきたのでしょうか?記事型にトライした企業がぶつかる、3つの典型的な課題とその解決法をお伝えします。

記事型広告で「月間新規1万件」を獲得するための、PDCAの回し方

2018年7月10日
健康食品×お試しオファー(980円)の例
「FacebookやLINEから、記事を挟んでCPAを改善」「ネイティブ広告だけで、月間数千~1万件のCV(コンバージョン)獲得」など、単品リピート通販で広まっているのが「記事型」の広告手法です。これまでは広告コピーの型や記事の作り方をお伝えしてきましたが、今回は「成功企業がテスト・改善のサイクルを、どう回してきたか?」を解説します。

なぜ「記事型」広告が伸びている?CPAを維持して、直接CVを拡大できる理由

2018年6月13日
オンラインからの新規獲得で、この1,2年間で大きなボリュームを占めるようになったのが、「記事」を活用した広告手法です。なぜ「記事型」でCVを伸ばしている、単品リピート通販企業が多いのか?一時的なブームに過ぎないのか、それとも長期的な成長トレンドと捉えてよいのか?スマホの普及にともなうユーザー行動の変化やメディア側の動向などから読み解くとともに、今後2,3年間のトレンドを予測します。
1234