ダイレクトマーケティング専門

通販EC1,000社以上を支援

03-6860-4202
受付時間 平日 9:00-20:00

テレビ広告

中小企業でも始められる、
インフォマーシャル支援

一度に大量の新規顧客を獲得できるテレビ広告ですが、制作や媒体に高いコストがかかるため、ネット広告や紙媒体と比べて手を出しづらいのも事実です。株式会社ファインドスターは単品リピート通販を専門に、制作・媒体の両面からインフォマーシャルを支援。中小企業でも導入しやすいように、できるだけリスクを抑えてレスポンスを拡大していく方法を提案しています。

こんな企業にオススメです

  • 事業を拡大するため新たなメディアに挑戦したい
  • 一度にたくさん新規顧客を獲得したい
  • フリーペーパーや新聞など紙媒体が疲弊してしまった
  • 新聞折込と連動して、効率良く新規を獲得したい
  • テレビを始めてみたいが、高額の初期投資は不安
  • 通販のノウハウがある代理店に頼みたい
  • 制作費を抑えてTVをチャレンジしていきたい。

お問い合わせ

考え方

初期投資のリスクを抑え、テストを重ねて“勝ちパターン”をつくる

インフォマーシャルでも反響を左右するのは、クリエイティブ(映像素材)。優秀なクリエイティブを作るために、テストを重ねるのが大事なのは紙媒体やWebと同じですが、映像での場合ネックは“1商材あたり数百万円”など高い制作費用です。そこで、100万円以下から制作できる「キャラバン」を活用したり、CS局などで2パターン以上の素材で安価にA/Bテストを重ねたりなど、できるだけ初期投資を抑えて“勝ちパターン”をつくっていきます。

2-2-1

初期立ち上げの予算と拡大イメージ(例)

2-2-2

当たるクリエイティブづくりのポイント

成功事例

「インフォマーシャルを始めて1年間で、10万人の新規顧客を獲得」など

サプリメントT社

単品リピート通販に特化した会社だったことから、弊社に発注。商品の売り方や番組の構成を変更してテストしたところ、レスポンスが改善。CPO2,000~3,000円の結果が出たので、一気に媒体を拡大。1年間に10万人以上の新規顧客を獲得した。

化粧品・健康食品C社

紙媒体の広告を支援していたのがきっかけで、テレビでの広告も支援することに。大手広告代理店ではなく、通販に詳しいということで弊社を選んでいただく。数多くの商品を揃えているため、7〜8商品を平行して広告展開。レスポンスがよかった商品に広告費を寄せるなどして、複数商品でリスクヘッジしながら安定的に新規顧客を獲得。

サービス内容

制作から媒体、検証まで一気通貫でサポート

1.素材の制作

モデルの手配やロケ地の選定、映像の編集など含めて素材を制作します。勝ちクリエイティブを見出すためのA/Bテストを見越して、複数のパターンを組み合わせられるように多くの素材を撮影します。低コストで制作・改善を重ねるため、60秒~300秒の「短尺」から制作をスタート。最近では人気を集める「14分」など、尺の長いタイプも拡大にともない制作していきます。

2-2-3

勝ちクリエイティブを見い出すためのパターンづくり

2-2-4

主な尺ごとのメリット/デメリット

  • 最もレスポンスに影響が出るのが、「アバン」(Avan Titleの略) と言われる、キャッチの役割をはたす冒頭15秒間程度のシーン。このアバンを、「愛用者の声」や「座談会」など複数パターンを差し替えられるように制作。芸能人の方々が出て販売する「キャラバン」など、拡大にともない随時ブラッシュアップ。
  • オファーの演出手法でも、「3つ購入すると、全部で33%オフ」(割引)や「2つ購入するともう1つプレゼント」(おまけ)などインフォマーシャルで売れやすい、いくつかのパターンを制作

2.メディアバイイング

インフォマーシャルの「枠」(媒体)を、配信計画の策定からテレビ局との交渉・バイイング、配信の管理まで行います。

2-2-5

チャネルごとの特性

2-2-6

チャネルごとの拡大フロー

  • 広告費の安いCS局や独立U局、ケーブル局から始めて、レスポンスがとれてきたら、ローカル局・BS局へ拡大。最終的にはキー局での放映を目指す(BS局6局、地上波100局、CS50局を取り扱い※)※2015年1月時点
  • 通販でレスポンスの出にくい枠を外して選定。逆に、主婦向けコスメなら「韓流ドラマ」、シニア向けサプリなら「時代劇」などターゲット別に反響が出やすいテレビ番組も考慮。

3.テストの検証・分析

テスト結果の検証・分析を受けて、メディア・クリエイティブの両面で改善していきます。目標CPAの達成が見えた場合は、CS→BS→地上波などエリア・局を広げて展開していきます。

2-2-9

オンエア後のレビュー

2-2-9

分析レポートの例

  • 反響が良かった番組や時間帯・曜日に出稿を寄せるなど、メディアバイイングによる最適化をはかる。出稿本数を増やすことにより、コストを軽減することも。
  • A/Bテストの結果を受けて、映像素材を改善。メディアの拡大によって、反響が良いクリエイティブも変化するので、ブラッシュアップにそなえる。

お問い合わせ

強み

化粧品・健康食品に特化して、紙媒体・Webと連動して支援

1.単品リピート通販に特化

化粧品・健康食品の通販企業に特化して、支援しています。過去実績のデータベースから、「同じ商材でレスポンスが出やすい枠」や「売れやすいクリエイティブのパターン」を提案。他社の実績をベンチマークに目標設定や効果検証をするため、成功の確率を高められます。

2.紙媒体やWebでの実績・ノウハウ

インフォマーシャルで成功確率を高めるためには、紙媒体やWebで売れている成功パターンを要素ごとに分解して、映像に落としこむのが有効です。グループ内で紙媒体やWebも取り扱っているため、その実績やノウハウをテレビに応用しています。また、新聞折込との連動やWebからの受注の効果測定なども、スムーズに実施できます。

3.安価にテストできる、「短尺」×「CS・BS局」に強み

メディアバイイングでは、大手広告代理店が主に取り扱う地上派キー局に対して、媒体費の安いCS局や独立U局、ケーブル局に強みをもっています。

スタッフ

通販の事業モデルの全体像をとらえたうえで、提案できる体制

スタッフの多くが、テレビだけでなく紙媒体やWebなど他メディアでも、化粧品・健康食品通販クライアントを担当した経験をもつ社員です。単品リピート通販の事業モデルを踏まえたうえで、新規顧客獲得のために最適な提案をしています。御社の営業担当が司令塔になって、テレビ局や映像プロダクションなどと交渉しながら案件を進めます。

弊社社員が執筆した記事

インフォマーシャルの専門家

中川亮

中川 亮(なかがわ りょう)

株式会社Dダイレクションズ
代表取締役
2007年ファインドスターに入社後、2009.10月九州営業所を立ち上げ、年商1億円の企業を10億円まで成長させた実績を持つ。2014年7月に東京へ、現在はリピート通販に特化したインフォマーシャル広告に従事。2016年7月インフォマーシャルを中心にご支援する株式会社Dダイレクションズを設立。同社代表取締役。

Q&A・流れ

インフォマーシャルに関心のある方は、ご相談ください

インフォマーシャルを活用した新規顧客獲得にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。ダイレクトマーケティングのご支援経験が豊富なスタッフが、相談に乗らせていただきます。

よくいただくご質問

Q. 初期テストに必要な、期間とコストは?

制作に2〜3ヶ月、放映に2〜3ヶ月で合計4〜6ヶ月程度を初期テスト期間としてみていただいています。コストは、制作費と媒体費を合わせて800万~1000万円程度が目安です。ただし最近では、複数での商材を1つの番組で紹介する「キャラバン」のように、安価な費用で出稿できるタイプも増えてきました。なかには、最低100万円以下の制作費でスタートできるプランもあります。

Q. 広告費・獲得件数は、どこまで拡大できる?

成功パターンをつかんで出稿を拡大する場合は、メディア投下予算として月間1億円~2億までは十分に可能です。(CPAが5,000円の場合は、月間獲得件数は20,000〜40,000件。)ただし、実績をもとに効率の良い媒体を選択をしていくため、企業ごとに拡大性は異なります。

Q. 実施している企業の特長は?

年商50億円を超えている単品リピート通販企業のほとんどが、実施しています。最近では、年商5〜10億円程度から始める企業も増えています。いきなりテレビから始めるよりは、紙媒体やWebなど他の広告手法で成功パターンをつかんだうえで、その実績と原資をもとに新規顧客の獲得規模をさらに拡大するため、テレビを活用する例が多いです。

Q. 商品によって、向き不向きは?

効果や使い方などが、映像で分かりやすく表現しやすい商品が向いています。また、「実証データがある」「従来品と比較できる」「開発ストーリーがある」「価格メリットがある(安い、特別単価、割引・特典があるなど)」「販路が限られている」(通信販売でしか購入できない)商品も向いています。

Q. なぜ「120秒尺」を実施している企業が多いのか?

制作期間と制作コストが一番のポイント。これからチャレンジする企業様にとって、コストを最小限に抑えられ、枠取りの融通も効き、複数回のテストができる120秒が適しています。120秒はコストとレスポンスのバランスがとれており費用対効果で考えると効率的で、十分レスポンスが取れている実績がございます。インフォマーシャルで成功法則を見つけ、その後、29分素材の制作費に投資し、より拡大を図ります。

ご支援までの流れ

step1

ヒアリング

商材や予算、希望する実施時期やコールセンターの状況などをお伺いします。インフォマーシャルには「売りやすい商品」や「成功しやすい売り方」があるので、それらの知見を踏まえて販売方法をディスカッションさせていただきます。

step2

ご提案

ヒアリングした内容をもとに、販売する商品やスタートするメディア・尺などを提案いたします。ご予算にもとづいて制作費・媒体費をお見積もりいたします。

step3

素材制作・メディアバイイング

映像素材の制作を開始いたします。台本制作・撮影・MA(ナレーション)など各フェーズで、クライアントにもご確認・立ち会いなどを務めていただきます。並行して、メディアバイイングの枠確保や価格交渉などを進めていきます。

step4

放映開始

実施決定から目安として3〜4ヶ月後に、放映が開始されます。

※期間はあくまで目安です。クライアントや媒体、弊社の状況などによって異なります。

お問い合わせ