D2C、サブスクリプションなど
マーケティング関連の役立つ情報をお届けします。

電話・ハガキでお客様の声を聞いて、化粧品チラシの反響が伸びた!

化粧品のチラシで、テストによってレスポンスを継続的に高めていった方法を紹介します。1回目のテストでハガキのアンケートや電話でのヒアリングを行い、そこで得たデータを2回目のテストにおける改善に活かしました。

通販限定1,980円トライアルセットの売り方は?

 

初回の広告テストで、チラシのレスポンスが目標値に及ばない場合もあります。

 

そんなときに大切なのが、お客様の声を取り入れてクリエイティブを改善していくこと。
1回目のテストでハガキのアンケートや電話でのヒアリングを行い、そこで得たデータを2回目のテストにおける改善に活かして、レスポンスをアップした方法を紹介します。

 

 

今回の事例で取り上げるのは、ハリウッドで活躍し、日本のヘアメイクアップアーティストの先駆けとなったT氏が主催するコスメブランド。
広告のオファーは、そのコスメブランドがこだわってつくった、通信販売限定のトライアルキットです。

 

○商品内容:クレンジングオイル、オールインワンジェル、クリームファンデーション
○価格:初回トライアル価格1,980円
○特長:T氏が主催するプロのアーティスト集団が開発。特にファンデーションは、プロがメイクしたかのような仕上がりに

 

当初、テレビ出演などでターゲットである40代以上の女性に認知度の高いT氏が主催する会社が開発した商品ということで、「同氏の名前を載せたブランド訴求が強いのでは?」と仮説を立てました。

 

 

1回目はビジュアルを「赤」と「白」で比較テスト

 

2パターンでクリエイティブテスト実施という背景もあり、訴求はこの「T氏ブランド」1つに絞りました。
キーカラーとしていた赤のビジュアルと、識字率の高い白のビジュアルで、広告紙面を作成。ビジュアルテストを行いました。

 

この2種類の広告紙面を、婦人服系通販カタログに同封して広告実施を行ったところ、A:ビジュアル「赤」:レスポンス率0.26%、B:ビジュアル「白」:レスポンス率0.28%というレスポンスの差が出ました。

 

denwa1

 

どちらも初回クリエイティブテストの目安となる、目標値の80%達成を超えていました。

 

したがって、よりレスポンスの良い「B」の広告紙面を改善して、2回目のテストを行うことになりました。

 

 

ハガキのアンケート欄で、コスメブランドの仮説を検証

 

ここでポイントになるのは、当初の仮説どおり「T氏」というブランド力で訴求できていたのか?ということです。

 

この仮説を検証するために、「ハガキのアンケート欄」を付けていました。

 

denwa2

 

2回目以降のテストで紙面改善をより精度高く行うためには、消費者が広告紙面のどの部分に惹かれて購入したのかを知ることが、大きなヒントになります。
そのためにできる1つ目の工夫が、チラシについている注文用ハガキの中に「チラシのどこが気になって注文されましたか?」というアンケートを載せて、消費者の購入理由を探る方法です。

 

仮説どおりなら、このアンケートの「T氏ブランド」の欄にチェックが入るはずです。
しかし結果は、ほとんどのハガキで「簡単にプロの仕上げ」にチェックが入っており、「当初の仮説が間違っていたのでは?」ということが分かりました

 

 

注文の入電時にコールセンターでヒアリング

 

そこで、より顧客の生の声を集めるために、注文の入電時にいくつかの質問をさせていただくことに。
「今のお肌の悩みは何ですか?」「チラシのどの部分が気になりましたか?」「商品のお値段はどう思いましたか?」というような質問をしました。

 

 

その結果分かったのは、消費者はこのブランドの商品が欲しいということは大前提で、プロのメイクアップアーティストが顧客の視点で開発した化粧品だからこそ「簡単にプロが仕上げたようなメイクができる」ことに、より魅力を感じて購入している、ということでした。

 

また調べてみると購入層も当初想定していたよりも10歳ほど高い50〜60代でした。
この年代は、シミやシワなどの肌悩みを、ファンデーションでしっかりカバーしたい層だと判明しました。

 

 

2回目のテストでは、キャッチコピーと広告表現を改善

 

そこで2回目のテストでは、ハガキのアンケートや電話のヒアリングからわかったことを反映し、広告紙面を改善しました。

 

キャッチコピーを「C:キャッチコピー変更版」のように変更し、Bをコントロール版としてクリエイティブテストを行いました。

 

denwa3

 

キャッチコピーのなかで、より消費者に響いているキャッチコピーを大きく出し、強調するという改善を行いました。
すると、B(前回と同じ広告紙面)<C(改善した広告紙面)という結果になり、レスポンスを比較すると、なんと148%まで差が付きました。

 

つまり、ハガキのアンケートや電話でのヒアリングで得た消費者の声を取り入れて、コピーを変更しただけで、約1.5倍のレスポンスの差が出たのです。

 

「消費者が何を求めて商品を購入しているのか」を知ることが、効率よく広告紙面を改善していくヒントになるという事例です。

 
 

※本記事は、「通販マーケティング-売れるチラシ入門-」(木村真子、東洋経済新報社)の一部を編集・抜粋のうえ掲載しています。

人気のタグ
健康食品 化粧品 引き上げ A/Bテスト コピーライティング 折込チラシ DM オファー ワンスター 定期購入 アウトバウンド インバウンド 定期コース 同梱物 海外進出 インフォマーシャル 広告媒体 ロイヤル顧客 新聞広告 ステップメール お客様の声 アップセル デプスインタビュー 割引 ネイティブ広告 LTV 体験談 決済 デザイン 影響力の武器 行動経済学 クロスセル LP 離脱防止 同封広告 CPO 休眠顧客 まとめ売り CPA プレゼント データ分析 キャッチコピー コールセンター お友達紹介 CPR 台湾 シュガーマン 書評 RFM分析 記事広告 LINE Ads Platform 紙媒体 EFO 会報誌 フリーペーパー 無料サンプル F2転換 リピート率 PR KPI サブスクリプション キャスティング フォーム改善 カゴ落ち 越境EC コーズマーケティング バナー カスタマーサポート トライアルセット 解約抑止 クリック率 Instagram パーソナライズDM 同梱広告 挨拶状 カート コンバージョン率 ポイント制度 返金保証 口コミ 損失回避の法則 定期継続率 休眠掘り起こし アンケート 成分認知度 ファンデーション 回帰分析 客単価 CVR 運用型広告 中国 カタログ スマホ タイ 市場調査 物流 まとめ買い 確認画面 お休み制度 開封率 クレンジング 金券 サンクコスト 初回定期 ビジネスモデル レコメンド広告 社会的証明 手書き手紙 統計学 広告代理店 事業計画 アフィリエイト広告 レスポンス率 記事コンテンツ 記事型 CS アンケート型LP CRM メルマガ CPM分析 フルフィルメント Facebook広告 お礼状 ザイオンス効果 返報性の原理 神話の法則 保有効果 認知的不協和 PASONAの法則 ROAS ツァイガルニック効果 恐怖訴求 企業姿勢 送料無料 一貫性の原理 ゲル 完了画面 顧客ランク 若見え 顔出し 反応率 インバウンドアップセル ゲーミフィケーション NPS コンテンツマーケティング 動画広告 海外展開 MA 顧客ロイヤルティ 単品リピート通販 Tmall Global(天猫国際) 媒体 無料モニター メイクアップ 圧着ハガキ プロスペクト理論 アンカリング効果 顔写真 離脱抑止 薬機法 ブランド 神田昌典 現状維持バイアス フォローコール サンクスレター 通販経営 フレーミング効果 コンビニ後払い 脳科学 カリギュラ効果 希少性 アンカリング カタログ通販 リスク・リバーサル プラシーボ効果 有意差 トライアルアセット 通販業界 ASP お客様イベント リスティング広告 プロダクトライフサイクル キャンペーン 下取り 損失回避 QRコード 媒体化 番組パターン ラジオ広告 マーケティング ユニットエコノミクス YD Yahoo!ディスプレイ広告 YDN KOL 単品通販 芸能人 広告起用 CVアップ 通販広告 費用 新規獲得 解約防止 CAC 解約率 MRR ARPU
全てのタグをみる閉じる
メールマガジン登録はこちら

チラシから優良顧客を獲得する3つの方法

広告のレスポンス率、低下していませんか?「シニア」や「富裕層」などの優良顧客を、チラシを使って効...
無料ダウンロードはこちら
お問い合わせ
広告・CRMなど、各分野の専門家が
お答えします
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせフォームはこちら
お電話でのお問い合わせ
TEL: 03-6680-7513 (受付時間:平日 9:30-18:30)