D2C、サブスクリプションなど
マーケティング関連の役立つ情報をお届けします。

「機能性表示」を120%活用して、広告のレスポンスを高める方法

健康食品の機能性表示が2015年4月に解禁されました。
機能性表示を活用するため、また取得するべきかを判断するために大事なのは、「広告表現でどこまで言えるか?」を見極めることです。
機能性表示を最大限に活用するために、押さえておきたいポイントとして、「提出文言から派生する効果を、どこまで表示できるか?」「複数成分が配合されている場合、効果の記載がどこまで認められるか?」の2つをお伝えします。

 

 

「潤い」→「ハリ」→「小じわ」・・広告でどこまで言える?

 

機能性表示とは、「おなかの調子を整えます」「脂肪の吸収をおだやかにします」など、特定の健康の維持及び増進に役立つ食品について、機能性を表示できる制度です。

国が表現を規定するトクホ(特定保健用食品)とは異なり、事業者の責任で科学的根拠に基づき表現を判断するのが特徴です。

 

大手メーカーを中心に取得した企業が相次いでおり、「計画比2.5倍の売上」や「レスポンス1.3倍」(通販新聞Web 2015年10月29日より)という事例も出ています。

 

その一方で認証を得るためには、数千万円単位と中小企業にとっては大きな費用がかかります。

「投資を回収できるのか?」の目処が立たず、二の足を踏む企業も多いでしょう。

 

15-P1_1

 

そこで気になるのが、「広告表現でどこまで言えるか?」。

機能性表示を取得した場合、届出をした機能(=提出文言)はもちろん表示できるのですが、さらにレスポンスを高めるためのポイントは、「提出文言から派生する効果を、どこまで表示できるか?」です。

 

たとえばセラミドが主成分の美容サプリでは、「潤いを高める」などの機能で提出することが一般的です。

その直接的な効果から派生して期待できる「ハリが出る」「艶が高まる」などのより直接的なベネフィット表現を、臨床データとともに使用できれば、高いレスポンスも期待できます。

 

さらには、部位のアップ写真やビフォーアフター写真などを掲載できれば、潤いによって「小じわ」が改善することや、「若見え」(=実年齢より若く見える)など、本来もつベネフィットを暗示できるでしょう。

このように、「派生効果や暗示にまで広めて表現できるか?」が1つ目のポイントです。

 

機能性成分を配合して、既存商品を“再生”する

 

2つ目のポイントは、商品に複数成分が配合されている場合、「効果の記載がどこまで認められるか?」です。

先ほどのセラミドの例をもとに説明すると、コラーゲンが主成分の美容サプリに新たに関与成分のセラミドを加え、新商品として機能性表示を取得するケースです。

 

新商品にセラミドが配合されていても、「肌のバリア機能を高める、コラーゲンサプリ」とは言えません。

 

機能性の表示は、認証を取得した成分(=関与成分)にのみ認められるのが原則だからです。

 

ところがお客様の立場からすると、広告で知りたいのは、商品全体によってもたらされる効果です。

したがって、商品全体の訴求に、機能性表示で認められた効果を記載できると、より分かりやすいでしょう。

 

では、既存成分(機能性表示無し)がメインの商品の広告で、関与成分の機能性表示をうたうためには、どうすればよいでしょう?

 

たとえば、「コピーのなかで既存成分と、関与成分および機能性表示を分ける」という手法(下図の左)があります。

「肌にハリを与えるセラミド」と「濃密コラーゲン」を分離したうえで、並列に表記しています。

 

15-P2_1

 

または右側の図では、既存成分( =コラーゲン)と関与成分(=セラミド)について、掲載するスペースを分離していますが、1枚の紙面上では一覧できるようにレイアウトを設計しています。

 

逆に言えば、このように広告表現の工夫によって、商品全体の機能アップを伝えられれば、既存商品のブランドを活かした形でレスポンス向上が見えてきます

 

たとえば、グルコサミンは競合商品も多く、レスポンスの獲得が難しくなってきている市場です。

ただし、「ひざ関節痛に良い」という成分の効果は、一般的に広く認知されています。

そこで、グルコサミンを主成分としたサプリに、機能性表示を取得した別成分(例:ベータグルコン)を配合。

「グルコサミン○○○(商品名)に、ひざに効く△△△△(機能性表示の成分名)をプラスして、ラクラク歩ける」といった広告表現をできれば、既存成分の認知度や商品ブランドを活かして、競合製品と大きく差別化できるでしょう。

 

15-P2_2

 

制度の趣旨に則って、投資効率を最大限に高める方法を判断

 

このように、機能性表示を活用すれば広告で表現できる範囲が広がるだけでなく、既存のブランドや商品との相乗効果によって、さらなるレスポンスアップを期待できます。

 

これまでは、機能性表示商品の広告を制作した経験から私が大事と考えるポイントをお伝え

しましたが、「どこまで言えるか?」について、公的なアナウンスは出されていません。

まだ弊社グループでも、正式な見解が固まってはいない状況です。

 

薬機法や景品表示法などのコンサルティングを手がける、「薬事法広告研究所」(DCアーキテクト株式会社運営)によると、

「スムーズ、スッキリなど、従来の曖昧な広告表現は消費者の方にはわかりにくかった。

これが機能性表示で効果を明確に標榜できるようになったことで、単に他社との差別化になるだけでなく、本当に必要なお客様に選んで頂けるメリットも期待できる」

 

とのこと。

 

機能性表示制度の趣旨は、

「安全性の確保を前提とし、科学的根拠に基づいた機能性が、事業者の責任において表示」すること。

 

そして、

「消費者の皆さんが誤認することなく商品を選択することができるよう、適正な表示などによる情報提供」

 

をすること(消費者庁ホームページ(PDF)より)です。

 

制度の趣旨に則ったうえで、機能性表示への投資効率を最大限に高める方法を考えるうえで、今回ご紹介した2つのポイントがお役に立てれば嬉しく思います。

人気のタグ
健康食品 化粧品 引き上げ A/Bテスト コピーライティング 折込チラシ DM オファー ワンスター 定期購入 アウトバウンド インバウンド 定期コース 同梱物 海外進出 インフォマーシャル 広告媒体 ロイヤル顧客 新聞広告 ステップメール お客様の声 アップセル デプスインタビュー 割引 ネイティブ広告 LTV 体験談 決済 デザイン 影響力の武器 行動経済学 クロスセル LP 離脱防止 同封広告 CPO 休眠顧客 まとめ売り CPA プレゼント データ分析 キャッチコピー コールセンター お友達紹介 CPR 台湾 シュガーマン 書評 RFM分析 記事広告 LINE Ads Platform 紙媒体 EFO 会報誌 フリーペーパー 無料サンプル F2転換 リピート率 PR KPI サブスクリプション キャスティング フォーム改善 カゴ落ち 越境EC コーズマーケティング バナー カスタマーサポート トライアルセット 解約抑止 クリック率 Instagram パーソナライズDM 同梱広告 挨拶状 カート コンバージョン率 ポイント制度 返金保証 口コミ 損失回避の法則 定期継続率 休眠掘り起こし アンケート 成分認知度 ファンデーション 回帰分析 客単価 CVR 運用型広告 中国 カタログ スマホ タイ 市場調査 物流 まとめ買い 確認画面 お休み制度 開封率 クレンジング 金券 サンクコスト 初回定期 ビジネスモデル レコメンド広告 社会的証明 手書き手紙 統計学 広告代理店 事業計画 アフィリエイト広告 レスポンス率 記事コンテンツ 記事型 CS アンケート型LP CRM メルマガ CPM分析 フルフィルメント Facebook広告 お礼状 ザイオンス効果 返報性の原理 神話の法則 保有効果 認知的不協和 PASONAの法則 ROAS ツァイガルニック効果 恐怖訴求 企業姿勢 送料無料 一貫性の原理 ゲル 完了画面 顧客ランク 若見え 顔出し 反応率 インバウンドアップセル ゲーミフィケーション NPS コンテンツマーケティング 動画広告 海外展開 MA 顧客ロイヤルティ 単品リピート通販 Tmall Global(天猫国際) 媒体 無料モニター メイクアップ 圧着ハガキ プロスペクト理論 アンカリング効果 顔写真 離脱抑止 薬機法 ブランド 神田昌典 現状維持バイアス フォローコール サンクスレター 通販経営 フレーミング効果 コンビニ後払い 脳科学 カリギュラ効果 希少性 アンカリング カタログ通販 リスク・リバーサル プラシーボ効果 有意差 トライアルアセット 通販業界 ASP お客様イベント リスティング広告 プロダクトライフサイクル キャンペーン 下取り 損失回避 QRコード 媒体化 番組パターン ラジオ広告 マーケティング ユニットエコノミクス YD Yahoo!ディスプレイ広告 YDN KOL 単品通販 芸能人 広告起用 CVアップ 通販広告 費用 新規獲得 解約防止 CAC 解約率 MRR ARPU
全てのタグをみる閉じる
メールマガジン登録はこちら

チラシから優良顧客を獲得する3つの方法

広告のレスポンス率、低下していませんか?「シニア」や「富裕層」などの優良顧客を、チラシを使って効...
無料ダウンロードはこちら
お問い合わせ
広告・CRMなど、各分野の専門家が
お答えします
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせフォームはこちら
お電話でのお問い合わせ
TEL: 03-6680-7513 (受付時間:平日 9:30-18:30)