単品リピート通販の事例から、

売れる仕組みのヒントをお届け

スマホで無視されない、メール「件名」の法則

スマホ経由での買い物が一般的になるなか、企業からのメールもスマホで読まれる割合が増えています。
いくつかのネット通販企業でフォローメールのテストをしたところ、PC向けと同じメールを送っていては、スマホでは反応が落ちてしまう傾向が判明しました。
スマホで無視されやすいメールの特長とは?そのヒントは、意外なところに見つかりました。

女性向け商材では、ネット広告の主戦場は既にスマホ!?

 

スマホの普及が進むなか、ネット広告費のスマホへのシフトも最近加速しています。
出稿が目立って多いのは、20~40代前半女性をターゲットとした通販企業。

 

特に、トライアル価格が「1,500円以下」の商材をもつ企業で拡大が進んでいます。

 

(逆に男性向け健康食品の場合はまだプロモーションが難しいのが現状でしょうか。
インフォマなど積極展開しており「指名検索回数」が多い企業も拡大されています。)

 

女性向け商材でトライアル商品がある企業では、月間Web広告費の4~5割、リスティング広告だけで見れば、6~8割をスマホに配分している企業もいらっしゃいます。

 

Web広告の主戦場がPCからスマホへと変化しつつあるなか、変わらず重要な役割をもつのは、スマホのCRMです。

 

そんなスマホのCRM、特にメールに関して共有をさせていただきます。

 

スマホ広告経由の購入者の最大の特徴は、「キャリアドメイン」比率が非常に高いことです。

 

 

「キャリアドメイン比率」の高さが意味するのは?

 

PCからのお客様の場合、メールアドレス登録者のうち、「@docomo」や「@softbank」「@au」など、「キャリアドメイン」が登録されている比率は平均5~15%ほどですが、スマホ経由で受注したお客様の場合は、それが約3倍の45~50%ほどにも。

 

キャリアドメインでメールを受けている方は、メールの開封率が高く、またリアルタイムで開封する方が多いという特長があり、目に止めてもらえる確率が高くなる傾向があります。

 

一方、スマホとPCでは閲覧環境が異なるため、PCに最適化したメールをそのまま送っても、反応してもらいにくいのも事実です。

 

たとえば、「件名」の文字数について。

 

PC用メールと異なり、長い文字数はユーザーの目に入らないため、15文字をベースに縮めるべきというのです。

 

 

スマホで無視されない、「件名」の付け方

 

メールが一覧で表示される画面で掲載される「件名」の文字数は、スマホの場合は以下です。

 

・iPhone(4・5):15文字
・Android OS:12~14文字程度

 

たとえば、これまでPCでの閲覧を前提に送っていたメールの件名が、↓だったとします。

 

「〇〇さま トクするキャンペーンのお知らせです」

 

これを私のメールアドレスに送って、iPhoneの「メール」で開いたところ・・・
「○○さま トクするキャンペー」までしか表示されていませんでした。

 

これ以上の文字数は、メールの詳細画面でしか確認できません。
そのため、初めの15文字だけで興味をもってクリックしてもらえるような工夫が必要なのです。

 

 

わずか13文字で、クリックしたくなる見出しを量産するコツ

 

とは言っても、限られた文字数で開封したくなるタイトルを付けるのは、難しいもの。

 

そんなことを考えていたときに、身近なところでヒントを見つけました。

 

Yahoo!ニュースのトップページに掲載されている“トピックス”の見出しは、どれも13文字相当で付けられています。

 

「パトカーが事故の受験生救う」
「干支人形ブタ外し米マック謝罪」
「『ツイッターオペラ』上映へ 英」

 

このようにコンパクトながらも興味を引く言葉が並ぶ見出しに興味をそそられ、思わずクリックした経験がある方もいらっしゃるかもしれません。
(私も、仕事中に・・・)

 

 

 ヒトが一度に知覚できる、文字数

 

「ヤフー・トピックスの作り方」(光文社新書 奥村倫弘)という本で、同サイト編集者の方が、トピックスの見出しを付けるコツについても書かれていて、とても興味深かったのですが、

 

同書の記述によると、京都大学大学院の研究により「一度に知覚される範囲は9~13文字」であるという知見も発表されているそうです。

 

余計な情報を削ぎ落して、でもクリックしたい気持ちを誘発するように言葉を並べる。

 

同書で載っているのはニュース記事ですが、広告でも応用できる知見があると思うので、興味がある方はご一読なさるとよいかもしれません。

 

 

「〇〇さま トクするキャンペーンのお知らせです」を改善すると?

 

最後に弊社グループ・ワンスターの山崎から、メールの「件名」の改善例を教えてもらったので、皆様にも共有いたします。

 

初めに、↑で紹介した「トクするキャンペーン」の件名を15文字前後に変更すると

 

<変更前>
「○○さま トクするキャンペーンのお知らせです」

 

<変更後>
「【重要】○○様 最後のお知らせ」
「○○様に特別なお知らせです」
「ご確認下さい ○○様に特別なご案内」

 

「何が・・?」と思ってしまう意味深な件名が開封率を上げるとのこと。

 

また、広告色のある件名は開封率が下がり、逆に事務連絡風の件名は、開封率が上がる傾向があり、上記の変更でおそらく1.5倍くらいには開封率が上がるそうです。

 

うーん、奥が深いですね。
これから地道な検証・改善をされていく方にとって、少しでも参考になりましたら幸いです!