D2C、サブスクリプションなど
マーケティング関連の役立つ情報をお届けします。

「若見え」の広告。50代女性がほめられて嬉しいのは、夫?友達?子ども?

基礎化粧品や美容サプリでは、見た目は若々しい女性が「実は53歳だった!」というタイプの広告がよく見られますね。
この「若見え」の広告、数多くの競合の広告に埋もれずリアリティを感じてもらうためには、どうすればよいでしょうか?
女性が「誰から若く見られると嬉しいか?」の調査レポートの結果から、分析しました。

「これでも私、○歳です」 見た目と年齢のギャップで・・

 

基礎化粧品や美容サプリでは、体験者の年齢に着目した広告が、よく見られますね。
たとえば・・・

 

・こう見えて?歳です
・若見えNo.1 52歳
・見た目年齢51歳 実年齢66歳

 

 

見た目は若々しい女性が、「実は○歳だった!」というギャップで、「これを買えば、私も・・!」という気持ちを刺激してくれます

 

このような「若見え」と呼ばれるタイプの広告、数年前から様々な会社が出してきたということは、売れやすいのでしょう。

 

ですが、、同じタイプが「これでもか!」というくらい、増えてしまっているのも事実。

 

 

女性なら誰もが、心の奥で持っている(?)、「いつまでも若く見られたい!」という願望。

 

たくさんの広告に埋もれずに、この気持ちのスイッチを上手に押すためには、どうすればよいのでしょう?

 

 

「見た目」や「年齢」の話題が出る、“生活シーン”は?

 

そんなとき、以前に教わったなと思い出したのが、

 

「ターゲットが、日々の生活のなかでリアルに体験する状況を、広告のなかで再現してあげるのが大事」という言葉です。

 

 

とすると、中高年の女性は・・・

 

・「いつ?」「どこで?」「誰と?」
・見た目や年齢についての話題が出るのか?
・ほめられると嬉しいのか?

 

そんなことを考えていたとき、面白い調査を見つけたので共有しますね。

 

女性の見た目年齢・気持ち年齢調査(2010年/全国)

 

 

この調査では、「あなた自身の“気持ち年齢”は?」や「実年齢に対して、上下どちらで見られることが多いか?」など、興味深いアンケート調査が載っていました。

 

なかでも面白かったのは以下の質問です。

 

 

 「3位:自分の子ども」「2位:夫・彼」「1位:○○○○」

 

【質問】
あなたが特に「若いと思われると、うれしく感じる」人は、どのような人でしょうか?
「特にうれしく感じる」人を3人まで選んでください

 

 

やっぱり一番気にするのは異性の目だから、「1番は、旦那さんか彼氏なんだろうな」と女ゴコロに疎い私は想像・・・

 

 

たしかに、私と同じ20代では、1位が「夫・彼」。
2位が「同世代の友人・知人」、3位が「年下の女性の友人・知人」だったのですが・・・

 

 

実は、この1位と2位が30代になると逆転!

 

50代では、以下の順位になっていたのです。

 

・1位:同世代の女性の友人・知人(62.1%)
・2位:夫・彼 (47.9%)
・3位:自分の子ども (44.7%)
・4位:年下の友人・女性 (31.1%)
・5位:同世代の男性の友人・知人 (28.4%)

 

 

「主人に褒められた」「彼に肌が滑らかになったと言われて」・・・

 

年齢が高くなるにつれて、「夫・彼」の割合が下がる一方、「同世代の女性の友人・知人」はずっと高い割合をキープ。
そして「子ども」の比率も上がっています。

 

結婚してから年月が経つと、夫はあまり気にされなくなってしまうのか…?
とさびしい気持ちになりつつ、
(まだ結婚できていないのですが・・・)

 

 

そういえば!と思いあたったのは・・・

 

広告に出てくる「生活シーン」の、年齢による違いです。

 

 

「めったに褒めない主人が、『最近キレイになったんじゃない?』だって。自分に自信がもてました」

 

「肌がツヤツヤして日中何度もほっぺを触っちゃいます。彼からも肌が滑らかになった言われて嬉しいです。」

 

↑のように、ECサイトでは夫や彼からの言葉も見つかりつつ、これが新聞や雑誌など紙媒体に載った、中高年向け商品だと・・・

 

 

「テニス仲間」「同窓会で」「息子の一言に感激」・・・

 

「今では友達に誘われた2回のテニスにも積極的に参加するようになって、毎日がとても充実しています。

 

この前、『肌がキレイね、うらやましいわ』とテニス仲間が私の肌を触りながらほめてくれたんです。
肌に自信が持てるっていいですね。」(化粧水)

 

と登場するのが、女性のテニス仲間に。

 

 

1年前に発刊した、くり返し出稿されている(=売れている)広告を調査したレポートでも、女性の知人や子どもが多く登場していました

 

 

・今は愛犬リリーとの散歩が一番の楽しみ。だって「樋口さんきれいになった」と声かけられるんですよ。(コラーゲンゲル)

 

・20歳の息子から、「お母さん最近、若く見えるよ」と言われたり、同窓会に行った時も、「わぁ、肌キレイになったのね。
エステか何か行ってるの?」と聞かれたり(コラーゲンサプリ)

 

・「ママ、お肌がぷるぷるだね」息子の一言に大感激!
(プラセンタサプリ)

 

(「Findstar通販ニュースレター 第3号」より)

 

 

 ターゲットの具体的な“生活シーン”に寄り添った、体験談を

 

ターゲットが「いいな!」と羨ましがったり、「わかる!」と共感してくれそうなエピソードを、上手に聞き出せているんでしょうね。

 

 

はっきりとした効果を言えないとき、ポイントになるのは、「商品を使ったら、私がどう変われるか?」をイメージしてもらうこと。

 

ターゲットの具体的な“生活シーン”に寄り添った形で、広告の素材を探し選んでいく力が大事なのかもしれません。

 

 

彼女たちがどんな場面で、美容や健康について思い浮かべるか?
リアルに悩みを実感するか?を、もっともっと理解していかなければ
!と気持ちを新たにいたしました。

 

皆さまもぜひ、リサーチしてみてくださいませ!

人気のタグ
健康食品 化粧品 引き上げ A/Bテスト コピーライティング 折込チラシ DM オファー ワンスター 定期購入 アウトバウンド インバウンド 定期コース 同梱物 海外進出 インフォマーシャル 広告媒体 ロイヤル顧客 新聞広告 ステップメール お客様の声 アップセル デプスインタビュー 割引 ネイティブ広告 LTV 体験談 決済 デザイン 影響力の武器 行動経済学 クロスセル LP 離脱防止 同封広告 CPO 休眠顧客 まとめ売り CPA プレゼント データ分析 キャッチコピー コールセンター お友達紹介 CPR 台湾 シュガーマン 書評 RFM分析 記事広告 LINE Ads Platform 紙媒体 EFO 会報誌 フリーペーパー 無料サンプル F2転換 リピート率 PR KPI サブスクリプション キャスティング フォーム改善 カゴ落ち 越境EC コーズマーケティング バナー カスタマーサポート トライアルセット 解約抑止 クリック率 Instagram パーソナライズDM 同梱広告 挨拶状 カート コンバージョン率 ポイント制度 返金保証 口コミ 損失回避の法則 定期継続率 休眠掘り起こし アンケート 成分認知度 ファンデーション 回帰分析 客単価 CVR 運用型広告 中国 カタログ スマホ タイ 市場調査 物流 まとめ買い 確認画面 お休み制度 開封率 クレンジング 金券 サンクコスト 初回定期 ビジネスモデル レコメンド広告 社会的証明 手書き手紙 統計学 広告代理店 事業計画 アフィリエイト広告 レスポンス率 記事コンテンツ 記事型 CS アンケート型LP 単品リピート通販 CRM Tmall Global(天猫国際) メルマガ CPM分析 フルフィルメント Facebook広告 お礼状 ザイオンス効果 返報性の原理 神話の法則 保有効果 認知的不協和 PASONAの法則 ROAS ツァイガルニック効果 恐怖訴求 企業姿勢 送料無料 一貫性の原理 ゲル 完了画面 顧客ランク 若見え 顔出し 反応率 インバウンドアップセル ゲーミフィケーション NPS コンテンツマーケティング 動画広告 海外展開 MA 顧客ロイヤルティ マーケティング ユニットエコノミクス YD Yahoo!ディスプレイ広告 YDN KOL 単品通販 芸能人 広告起用 CVアップ 通販広告 費用 新規獲得 解約防止 CAC 解約率 MRR ARPU 媒体 無料モニター メイクアップ 圧着ハガキ プロスペクト理論 アンカリング効果 顔写真 離脱抑止 薬機法 ブランド 神田昌典 現状維持バイアス フォローコール サンクスレター 通販経営 フレーミング効果 コンビニ後払い 脳科学 カリギュラ効果 希少性 アンカリング カタログ通販 リスク・リバーサル プラシーボ効果 有意差 トライアルアセット 通販業界 ASP お客様イベント リスティング広告 プロダクトライフサイクル キャンペーン 下取り 損失回避 QRコード 媒体化 番組パターン ラジオ広告
全てのタグをみる閉じる
メールマガジン登録はこちら

単品リピート通販のKPI入門編

CPA・CPO・LTVなど、通販事業の現場でよく使われるKPIに加え、初心者が最初に知りたい「単品リピート通...
単品リピート通販のKPI入門編
無料ダウンロードはこちら
お問い合わせ
広告・CRMなど、各分野の専門家が
お答えします
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせフォームはこちら
お電話でのお問い合わせ
TEL: 03-6680-7513 (受付時間:平日 9:30-18:30)