D2C、サブスクリプションなど
マーケティング関連の役立つ情報をお届けします。

「保有効果」による心の揺らぎが、購入のトリガーに

不要品を買い取ってもらい、新しい商品をお得に購入できる「下取り」。

繁盛する店舗は、なぜ「割引」ではなく、あえてコストのかかる下取りを導入するのでしょうか?

 

そこには、下取りがお客様の心を引きつける心理的なトリガーが隠されていました。

下取りを、通販の新規獲得や定期離脱防止に応用する方法についても、考えてみます。

「保有効果」による心の揺らぎが、購入のトリガーに

「割引」をしても売れないのに、「下取り」でお客様は反応するのか?

 

前編「購買心理をくすぐる、「下取り」の秘密」の最後に紹介したのは、イトーヨーカドーが リーマンショック後の不況期に、「下取りセール」によって爆発的な売上をあげた事例です。

 

「衣料品のお買い上げ金額5,000円ごとに不要になった衣類を1点1,000円で下取り」

 

この“お得感”によって、お客様から絶大な支持を得た下取りセール。

実は冷静になって考えてみるとお客様にとっては「割引」と同じ

 

それも、2割引以下の効果しかありません。

 

「割引をしても売れないなか、下取りでは顧客は反応しないだろう」

 

そんな反対意見が社内から寄せられるなか、下取りを強行したのは、セブンイレブンの創業者、カリスマ経営者 鈴木敏文会長。

 

鈴木氏が考えたのは、次のような顧客心理でした。

 

 “タンスの肥やし”がお金になるなら、買い物しよう 

 

「いま各家庭にはたくさんのモノがあふれていて、新しい商品はほしいけれど、これ以上モノを買って増やすことにも抵抗があるという心理状態にある人が多いと思います。

 

そうかといってまだ使えるモノを捨てることには抵抗がある。

 

その時、下取りということで、不要なものがいくらかでもお金になるなら、喜んで不要品を持ってきて、そこで得たお金を足しにして、買物をしてくれるはずだ」

 

出典

 

このように、お客様の気持ちを見抜いた施策が奏功。

 

爆発的な集客効果を発揮する大ヒット企画となって、回を重ねるごとに、対象品目を広げていったそうです。

 

 お客様が自動的に反応してしまう、「保有効果」とは?

 

このように「下取り」が「割引」と比べてもお客様が反応しやすい心理は、行動経済学の説く「保有効果」によっても説明できます。

 

保有効果とは、「だれもが自分のもっていているものには、客観的価値よりも高く価値を見積もりがちである」という心理のことです。

 

この保有効果については、以前に別の記事「『返金保証』への申込み者が少ないワケ」で解説しましたが、「下取り」においては、どのように働くのでしょうか?

 

前編で説明した、インフォマーシャルで連呼されていたテレビの下取りの例を、思い出してください。

 

家にあるテレビ、「価値がある」と思いたいのが、保有効果によって影響を受けてしまう人間心理です。

 

心の揺らぎがトリガーに、新しい商品を申し込んでしまう

 

一方、買い替えを検討するくらい古くなってしまうと、中古で売りに出しても、簡単には売れない、少なくとも良い値段は付かないことが多いもの。

 

そして、その事実は頭では理解している方も多いでしょう。

 

そんなジレンマ、居心地が良くない心の状態を心地良く崩してくれるのが、あのカン高い声です。

 

「あなたのテレビを、○円で下取りします」

 

もしこの下取りに、今すぐ申し込まなければ・・

このテレビが同じような価格で売れることは、まずないはずです。

 

そんな心の揺らぎがトリガーになって、

「古いテレビが、この値段で売れるのなら・・」

と新しいテレビに飛びつくのです。

 

※ちなみに、この保有効果にもとづいた説明は、この記事を書こうと調べていたとき、偶然に見つけたこちらの記事にハッとさせられ、ならわせていただきました。感謝!

 

「余ったから」の定期離脱、下取りで解決できないか?

 

この“下取り”が購買心理を刺激するメカニズムを、単品リピート通販にも取り入れられないでしょうか?

 

たとえば、定期コースの解約理由にも多いのが、「使い切れずに、余ってしまったから」。

 

このように休眠になったお客様を狙って、他社の商品でも下取りをすればどうでしょう?

 

通販で商品を購入してきた顧客層をターゲットにした新規獲得の施策として、効果が出るかもしれません。

 

逆に、「余った」が理由の休眠化を防ぐための切り返しトークとして、余った商品を下取りして、そのうえで別の商品への切り替えを薦める、という施策も思い浮かびます。

(クロスセルできる商品があればですが)

 

 空き容器を送ってリサイクルすれば、ポイントがもらえる制度も

 

ちなみに、下取りではないですが、空き容器のリサイクルを進めている会社はありますね。

 

使い終わって不要になった化粧品の容器を、お客様が会社宛に送ると、その分ポイントがもらえる、という仕組みです。

 

容器1個を送れば、その分買い物の足しにできるなら、リピート顧客にとってはお得感があるでしょう。

 

リサイクルは、“エコ”にもなるので、お客様にとっては「使い捨て」という良心の呵責を気にせずに使い続けられますし、会社のイメージアップにもなりそうですね。

人気のタグ
健康食品 化粧品 引き上げ A/Bテスト コピーライティング 折込チラシ DM オファー ワンスター 定期購入 アウトバウンド インバウンド 定期コース 同梱物 海外進出 インフォマーシャル 広告媒体 ロイヤル顧客 新聞広告 ステップメール お客様の声 アップセル デプスインタビュー 割引 ネイティブ広告 LTV 体験談 決済 デザイン 影響力の武器 行動経済学 クロスセル LP 離脱防止 同封広告 CPO 休眠顧客 まとめ売り CPA プレゼント データ分析 キャッチコピー コールセンター お友達紹介 CPR 台湾 シュガーマン 書評 RFM分析 記事広告 LINE Ads Platform 紙媒体 EFO 会報誌 フリーペーパー 無料サンプル F2転換 リピート率 PR KPI サブスクリプション キャスティング フォーム改善 カゴ落ち 越境EC コーズマーケティング バナー カスタマーサポート トライアルセット 解約抑止 クリック率 Instagram パーソナライズDM 同梱広告 挨拶状 カート コンバージョン率 ポイント制度 返金保証 口コミ 損失回避の法則 定期継続率 休眠掘り起こし アンケート 成分認知度 ファンデーション 回帰分析 客単価 CVR 運用型広告 中国 カタログ スマホ タイ 市場調査 物流 まとめ買い 確認画面 お休み制度 開封率 クレンジング 金券 サンクコスト 初回定期 ビジネスモデル レコメンド広告 社会的証明 手書き手紙 統計学 広告代理店 事業計画 アフィリエイト広告 レスポンス率 記事コンテンツ 記事型 CS アンケート型LP CRM メルマガ CPM分析 フルフィルメント Facebook広告 お礼状 ザイオンス効果 返報性の原理 神話の法則 保有効果 認知的不協和 PASONAの法則 ROAS ツァイガルニック効果 恐怖訴求 企業姿勢 送料無料 一貫性の原理 ゲル 完了画面 顧客ランク 若見え 顔出し 反応率 インバウンドアップセル ゲーミフィケーション NPS コンテンツマーケティング 動画広告 海外展開 MA 顧客ロイヤルティ 単品リピート通販 Tmall Global(天猫国際) 媒体 無料モニター メイクアップ 圧着ハガキ プロスペクト理論 アンカリング効果 顔写真 離脱抑止 薬機法 ブランド 神田昌典 現状維持バイアス フォローコール サンクスレター 通販経営 フレーミング効果 コンビニ後払い 脳科学 カリギュラ効果 希少性 アンカリング カタログ通販 リスク・リバーサル プラシーボ効果 有意差 トライアルアセット 通販業界 ASP お客様イベント リスティング広告 プロダクトライフサイクル キャンペーン 下取り 損失回避 QRコード 媒体化 番組パターン ラジオ広告 マーケティング ユニットエコノミクス YD Yahoo!ディスプレイ広告 YDN KOL 単品通販 芸能人 広告起用 CVアップ 通販広告 費用 新規獲得 解約防止 CAC 解約率 MRR ARPU
全てのタグをみる閉じる
メールマガジン登録はこちら

メール・アプリ・LINE配信に限界を感じるEC事業者のための、オフラインCRM構築法

反応率を3倍にするパーソナライズDM活用方法をまとめました。 先進EC20社以上で実証済み!鉄...
資料画像
無料ダウンロードはこちら
お問い合わせ
広告・CRMなど、各分野の専門家が
お答えします
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせフォームはこちら
お電話でのお問い合わせ
TEL: 03-6680-7513 (受付時間:平日 9:30-18:30)