D2C、サブスクリプションなど
マーケティング関連の役立つ情報をお届けします。

通販広告で広告代理店が「結果を出せるか?」を見分ける、5つのポイント

通販広告では、取り仕切る広告代理店や担当者によって、費用対効果に大きな差が出てきます。
優秀な広告代理店や担当者を見分けるためには、どのようなポイントをチェックすればよいでしょうか?
「会社軸」と「担当者軸」の両面から、整理しました。

選択

広告代理店選びは、異なる3つのタイプを理解

 

通販企業を支援している広告代理店を、「総合代理店」「専門代理店」「通販特化型代理店」の3種類に分けて説明していきます。

 

 

総合代理店

 

テレビや4マスメディアを中心に、クリエイティブやメディア、さらにはイベントの企画からマーケティング・ブランド戦略まで総合的に支援している広告代理店です。
大手企業の通販部門や売上高の大きな通販専業事業者が、主に活用しています。

 

メリットは、マーケティング戦略の立案を含めた総合的な提案をしてもらえること。
特に通販以外の事業も行なっていて、別事業でも同じ代理店に依頼している場合、会社全体のブランドも理解したうえで施策を立ててくれるのは、嬉しいところです。

 

また、4マス媒体(テレビ・新聞・雑誌・ラジオ)のメディアバイイングでは、特に強さを誇ります。
テレビや新聞などに、大規模な広告費用を投下していく場合には、向いているでしょう。

 

デメリットですが、部署や担当者によっては、通販広告を支援した経験が豊富でないこともあります。
レスポンスを出すためのクリエイティブの考え方や、媒体費の相場感など通販業界のセオリーを踏まえた担当者と関係を築けるとよいでしょう。

 

 

専門代理店

 

「リスティング広告」や「新聞折込」など、各広告の種類を専門に取り扱う広告代理店です。

 

メリットは、当たり前ですがそれぞれの分野に詳しいこと。
特に「運用型広告」と呼ばれるネット広告では、リスティング広告・Facebook広告・ネイティブ広告などそれぞれで、反応の獲れるクリエイティブや効率的な運用方法も異なるため、特化している代理店は経験値を高めやすいでしょう。

 

また紙媒体でも、媒体社への発注金額が大きいとスケールメリットを提示できる分、価格メリットを出しやすく、また「レスポンスが出やすい枠」や「最近出稿の多い企業」といった生の情報も豊富に持っています。

 

デメリットは、それぞれの媒体間の相乗効果を出しにくいこと。
また1社に依存してしまうと、特定の媒体のレスポンスが悪くなった時に、リカバーが難しいというリスクもあります。

 

広告主サイドで経験豊富な担当者が取り仕切って、各代理店を強みに合わせて使い分けていくと、有効に機能しやすいでしょう。

 

 

通販(ダイレクト)特化型代理店

 

通販などレスポンス広告に特化している広告代理店もあります。
「化粧品・健康食品など単品通販に強い代理店」や「ダイレクトマーケティング専門のエージェンシー」など。専門代理店が特定のメディアに特化しているなら、業種やビジネスモデルを深掘っていると言えるでしょう。

 

メリットは、広告媒体やクリエイティブ制作だけでなく、新規顧客獲得の費用対効果を総合的に高める提案をしてくれること。
代理店によっては、「訴求」や「オファー」など売り方の開発や、お試し商品からの引き上げなどCRMのサポートなど、事業全体の収益アップのためのコンサルティングの価値も合わせて提供していることもあります。
また、同業他社でのKPIの実績や成功事例をもとにプランニングをしてくれるので、成功確率が高まりやすいでしょう。

 

デメリットは、1つ1つのメディアの仕入れや運用においては、上記2つの代理店には敵わないこともある点。
専門代理店と比べると1つ1つのメディアでの運用ノウハウは及ばず、また4マスメディアの仕入れでは総合代理店が有利です。

 

また、レスポンスにフォーカスする傾向があるため、ブランディングやイメージ広告には対応しにくい点も注意しましょう。

 

 

※実際には、総合代理店でも媒体や業種ごとに専門チームを持っている場合もあります。また専門代理店でも、クライアントの多くは通販企業という場合もあります。通販特化型代理店でも、媒体ごとに専門チームを持っている場合もあります。分かりやすく整理するための概念としてとらえていただければと思います。

 

 

結果を出してくれる担当者を見分ける、5つのポイント

 

広告代理店を選ぶとき、「会社」と同じくらい重要なのが「担当者」です。
なぜなら通販広告では、担当者の能力によってレスポンスが大きく異なるからです。
優秀な担当者を見分けるためには、どのようなポイントをチェックすればよいでしょうか?

 

 

ポイント 1:専門分野の知識やスキルはあるか?

 

基本的ですが大事なのは、取り扱っている広告の専門分野の知識やスキルです。
経験の浅い担当者は、会社が用意した営業用トークスクリプトやロールプレイイング(想定問答)にもとづいた知識に終始してしまう場合もあります。

 

あなたがその媒体に詳しくなかったとしても、「説明いただいた成功事例を、弊社に当てはめるとどんな展開が考えられるか?」「○○○が良いとお話しされたが、その理由は?」など突っ込んだ質問をしていくと、その担当者の理解度が分かってくるでしょう。

 

また「複数の代理店から話を聞いて比べる」「担当者が執筆している記事を読む」といった手段によっても、専門性の違いが分かってくるかもしれません。

 

 

ポイント2:テストの方法を理解しているか?

 

通販広告でレスポンスを高めるために必須なのが、A/Bテスト。
しかし、A/Bテストの基本的な原則を理解していないために、成果に結びつかないテストをくり返してしまう担当者も残念ながらいます。
(参考:「A/Bテストで初心者がやってしまう3つの間違いと、正しい方法&成功事例」

 

あなたの会社の広告クリエイティブと各媒体でのレスポンス実績を簡単に共有したうえで、どのようなテストプランを立てるか?を担当者に相談してみると、理解度や経験が分かるでしょう。

 

 

ポイント3:通販の事業構造は理解しているか?

 

通販の基本的な事業構造や指標・KPIについて理解しているか?も、確かめましょう。
「レスポンス率」や「CPA」といった広告に関わるKPIは、通販の広告を取り扱う担当者ならもちろん知っておいてもらいたいですが、理解してほしいのが「引き上げ率」や「LTV」といった収益に直結するCRMの概念です。

 

なぜなら、「広告のCPAが良くても、引き上げが悪い」「件数は獲れないけど、LTVが高い」といったように、広告の入り口(獲得時)の評価と最終的な収益への貢献度が異なるケースが、事業の発展にともなって出てくるからです。
優秀な担当者は、最終的な収益に貢献できるように、広告についても提案してくれます。

 

商談時に「LTV」や「引き上げ」といった言葉を出して、どこまで理解しているか?を試してみましょう。

 

 

ポイント4:出稿スタートしたら、その担当者が見てくれるのか?

 

商談で話した担当者を信頼できたとしても、その方がメインで担当してくれるとは限りません。
受注後は営業担当者から運用担当者にバトンタッチしたり、マネージャーがサポートしながらメインの窓口は部下の方になる場合もあります。

 

私の実体験では、営業担当者の経験と熱意を見込んでアカウントをお任せしたものの、運用担当者が新卒入社1年目の経験が浅い方に。
引き継ぎも十分にされなかったことも重なり、全く成果が出なかったという苦い経験もありました。

 

広告出稿をスタートした後に、「窓口は誰になるのか?」「運用やクリエイティブを実際に手を動かすのは誰なのか?」「どのような頻度・方法で、改善のためのレポート・打ち合わせをしていくのか?」など、事前に確かめておきましょう
営業担当者と運用・制作担当者が異なる場合には、後者の方も商談に同席するようお願いするとよいかもしれません。

 

 

ポイント5:目標値を積極的にヒアリングしてくるか?

 

最後は、成果を出そうとするコミットや姿勢です。
「CPAや獲得件数など目標値を、積極的に質問してくるか?」によって、ある程度測ることができるのではと考えています。

 

もし目標値を明確に定めていない場合、広告を出して売れなかったとしても、代理店の担当者は「言い訳」ができます。
「何回も出すことで反応が良くなる」「認知拡大の効果はあった」といった言葉を並べて、結果が出なかった事実から目を背けようとする担当者も残念ながらいます。

 

広告出稿前に目標値を明確に握っていれば、言い逃れはできません。
逆に、目標値を能動的に提案してくる担当者は、広告の費用対効果を改善しようという成果志向が強いでしょう。
目標値に達しなかった場合でも、その現実を直視したうえで、リカバリーのための提案をしてくれるのが、真に優秀な担当者に共通する特長ととらえています。

 

 

最後に:ファインドスターグループは、「通販特化型」と「専門代理店」の掛け合わせ

 

この記事では、通販でレスポンスを出してくれる広告代理店の選び方について、「会社軸」と「担当者軸」の両面から解説しました。

 

弊社グループでも広告代理業を行なっていますが、最後に紹介をさせてください。
ファインドスターグループでは、単品リピート通販企業を中心にダイレクトマーケティングを支援しています。

 

紙媒体は株式会社ファインドスターWEB広告は株式会社ワンスターなど、専門分野ごとにグループ会社に分かれて支援しています。
その意味では、「通販特化型代理店」と「専門型代理店」の中間と言えるかもしれません。

 

通販、そのなかでも単品リピート通販に特化しているため、通販の「事業構造」や「テスト設計」、「クリエイティブ」などについても、社内で勉強会を実施したり課題図書を設けたりして、レベルアップを目指しています
5つのチェックポイントは、「全部OK!」と言ってもらえることを目指して、日々研鑽を積んでおります。

 

通販のレスポンス広告では、代理店選びで気をつけるべき点が、ブランド広告・イメージ広告とは異なります。
私自身もダイレクトレスポンス広告を、広告主として代理店に依頼してきた経験もあるため、そのときに気をつけていたポイントをまとめました。

 

皆様の広告代理店選びに役立つように、願っております。

人気のタグ
健康食品 化粧品 引き上げ A/Bテスト コピーライティング 折込チラシ DM オファー ワンスター 定期購入 アウトバウンド インバウンド 定期コース 同梱物 海外進出 インフォマーシャル 広告媒体 ロイヤル顧客 新聞広告 ステップメール お客様の声 アップセル デプスインタビュー 割引 ネイティブ広告 LTV 体験談 決済 デザイン 影響力の武器 行動経済学 クロスセル LP 離脱防止 同封広告 CPO 休眠顧客 まとめ売り CPA プレゼント データ分析 キャッチコピー コールセンター お友達紹介 CPR 台湾 シュガーマン 書評 RFM分析 記事広告 LINE Ads Platform 紙媒体 EFO 会報誌 フリーペーパー 無料サンプル F2転換 リピート率 PR KPI サブスクリプション キャスティング フォーム改善 カゴ落ち 越境EC コーズマーケティング バナー カスタマーサポート トライアルセット 解約抑止 クリック率 Instagram パーソナライズDM 同梱広告 挨拶状 カート コンバージョン率 ポイント制度 返金保証 口コミ 損失回避の法則 定期継続率 休眠掘り起こし アンケート 成分認知度 ファンデーション 回帰分析 客単価 CVR 運用型広告 中国 カタログ スマホ タイ 市場調査 物流 まとめ買い 確認画面 お休み制度 開封率 クレンジング 金券 サンクコスト 初回定期 ビジネスモデル レコメンド広告 社会的証明 手書き手紙 統計学 広告代理店 事業計画 アフィリエイト広告 レスポンス率 記事コンテンツ 記事型 CS アンケート型LP 単品リピート通販 CRM Tmall Global(天猫国際) メルマガ CPM分析 フルフィルメント Facebook広告 お礼状 ザイオンス効果 返報性の原理 神話の法則 保有効果 認知的不協和 PASONAの法則 ROAS ツァイガルニック効果 恐怖訴求 企業姿勢 送料無料 一貫性の原理 ゲル 完了画面 顧客ランク 若見え 顔出し 反応率 インバウンドアップセル ゲーミフィケーション NPS コンテンツマーケティング 動画広告 海外展開 MA 顧客ロイヤルティ マーケティング ユニットエコノミクス YD Yahoo!ディスプレイ広告 YDN KOL 単品通販 芸能人 広告起用 CVアップ 通販広告 費用 新規獲得 解約防止 CAC 解約率 MRR ARPU 媒体 無料モニター メイクアップ 圧着ハガキ プロスペクト理論 アンカリング効果 顔写真 離脱抑止 薬機法 ブランド 神田昌典 現状維持バイアス フォローコール サンクスレター 通販経営 フレーミング効果 コンビニ後払い 脳科学 カリギュラ効果 希少性 アンカリング カタログ通販 リスク・リバーサル プラシーボ効果 有意差 トライアルアセット 通販業界 ASP お客様イベント リスティング広告 プロダクトライフサイクル キャンペーン 下取り 損失回避 QRコード 媒体化 番組パターン ラジオ広告
全てのタグをみる閉じる
メールマガジン登録はこちら

単品リピート通販のKPI入門編

CPA・CPO・LTVなど、通販事業の現場でよく使われるKPIに加え、初心者が最初に知りたい「単品リピート通...
単品リピート通販のKPI入門編
無料ダウンロードはこちら
お問い合わせ
広告・CRMなど、各分野の専門家が
お答えします
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせフォームはこちら
お電話でのお問い合わせ
TEL: 03-6680-7513 (受付時間:平日 9:30-18:30)