D2C、サブスクリプションなど
マーケティング関連の役立つ情報をお届けします。

1ステップVS2ステップ広告、 ECの投資回収モデルから考える「オファー」

「今なら500円トライアルセット」や「定期購入で初回70%OFF」など、通販・ECでもさまざまな広告のオファーが見られます。
オファーは「1ステップ」と「2ステップ」に大きく分類されますが、CPOや投資回収期間など経営にかかわるKPIは、このオファーに強い影響を受けること、ご存知ですか?
それぞれのオファーのメリット・デメリットを、単品リピート通販の収益モデルから解説します。

単品リピート通販の事業計画・収益モデルは、オファー設計に依存

 

私たち株式会社ワンスターは、化粧品・健康食品など単品リピート通販に特化してWEBマーケティングを支援していますが、通販事業を始めて間もない企業のご担当者から、よくご相談をいただくのは「オファー」です。

 

「LPのオファーは、お試し商品にした方がよいか?」
「最近トレンドになっている売り方を、教えてほしい」
「本品売りをWEBでも試したいが、気をつける点は?」

 

このようなご質問に答えを出すうえで、押さえておきたいのが、「1ステップ」と「2ステップ」のオファーの違いです。

 

 

トライアルセットや無料モニターなどの「2ステップオファー」、本品割引や初回定期といった「1ステップオファー」など、各社が思い思いのオファーで広告を展開していますね。

 

これらのオファーの違いによって、LPのコンバージョン率やCPO効率が左右されるのはもちろんですが、事業計画や収益モデルも大きな影響を受けるのをご存知ですか?

 

今からWEB通販を本格的に始める企業にとっては、投資回収モデルにもとづいてオファーを設定するのが大切です。
単品リピート通販業界やWEB広告のトレンドを踏まえて、1ステップ/2ステップのメリット・デメリットを解説します。

 

 

1ステップ販売には、広告投資の回収スピードが早いメリット

 

「1ステップ」とは、「トライアルセット」や「無料サンプル」などのお試し商品を用意せずに、1回目から本商品を販売する手法です。

 

デメリットは、2ステップ販売と比べて初回購入のハードルが高いことです。
したがって、広告のCPOも高くなりやすくなってしまいます。

 

一方メリットは、広告投資の回収期間が短いことです。
2ステップ販売の場合は、トライアル販売から定期コース(本商品)に引き上がるまでにタイムラグが発生してしまいますが、1ステップで販売した場合は、1回目から本商品や定期商品を買ってくれるため、早期に投下した広告投資の回収が可能です。

 

さらに、2ステップ販売と比べて事業モデルがシンプルなので、定期販売モデルが機能すれば、「引き上げ」のためにCRMの複雑な仕組みを整備しなくてよいのもメリットです。
見るべきKPIも少ないので、とにかく手の足りないスタートアップ時には向いていると言えるでしょう。

 

 

2ステップ型のマーケティングは難易度が高いが、長期的に見ると・・

 

一方、トライアルセットや無料モニターなどお試し商品の申込を広告のオファーとするのが、2ステップのマーケティングです。

 

メリットは、高い引上げ率を担保できれば、1ステップ販売よりも定期CPOを低く抑えられることです。オファーの設計にもよるので一概にお伝えすることはできませんが、1ステップから2ステップのオファー設計に変更したほうが最終的なCPO効率が良くなるケースが多いです。

 

さらに、定期顧客のLTVが高くなりやすいのも、2ステップ型のメリットです。
お試し商品を使って、実感や納得をしたうえで本商品を購入するので、続けてもらいやすいのでしょう。

 

一方デメリットは、成功モデルの構築に難易度が高いこと。
なぜなら、引き上げの成功パターンを確立する必要があるからです。

 

ステップメールや引き上げ専用LP、オフラインの同梱物・アウトバウンド・DMといった施策もテストしていくのが求められ、工数がかかります。

 

またCPOやLTVだけでなく、引き上げ率・CPAなどモニタリングすべき中間指標も増えます。
新規顧客獲得だけでも0→1を軌道に乗せるのは難しいのに、CRMと合わせた「2正面作戦」はリソース配分という観点から厳しい企業もあるでしょう。

 

 

1ステップと2ステップ、今から販売を始めるならどちらがよい?

 

事業を早期に黒字化するのが求められる企業には、1ステップモデルが向いているでしょう。

 

大手企業などの傘下にはない、独立系の通販専業事業者に採用されやすい売り方です。
ただし、1ステップオファーは販売が難しくなってきているため、LTVを担保する仕組みに加え、初回購入時のハードルを下げる工夫に取り組むことが必要です。

 

対して、既に数十億円以上の売上を誇っている企業や大手企業のメーカー通販など、潤沢な資金がある企業は、2ステップモデルを採用している場合が多いです。
長期的なスパンで売上最大化を目指す場合は、2ステップモデルの方が向いているでしょう。

 

十分な資金とリソースを用意できる場合は、その分リターンも大きくなるのかもしれません。

 

1ステップと2ステップモデルの比較

1ステップと2ステップモデルの比較

 
広告のオファーというと、通販に詳しくない方にとっては、実務上の細かい判断事項にも思われがちです。

 

ですがオファーの設計は、事業計画の達成や収益モデルの確立に影響を与える、重要な意思決定です。
また、一度決めて販売を始めると途中でなかなか変更しづらいのもオファーの特徴です。

 

「手元にどれくらいの資金が残されているか?」や「いつまでに黒字化を達成したいか?」といった経営的な事情を踏まえたうえで、判断することをお薦めします。

人気のタグ
健康食品 化粧品 引き上げ A/Bテスト コピーライティング 折込チラシ DM オファー ワンスター 定期購入 アウトバウンド インバウンド 定期コース 同梱物 海外進出 インフォマーシャル 広告媒体 ロイヤル顧客 新聞広告 ステップメール お客様の声 アップセル デプスインタビュー 割引 ネイティブ広告 LTV 体験談 決済 デザイン 影響力の武器 行動経済学 クロスセル LP 離脱防止 同封広告 CPO 休眠顧客 まとめ売り CPA プレゼント データ分析 キャッチコピー コールセンター お友達紹介 CPR 台湾 シュガーマン 書評 RFM分析 記事広告 LINE Ads Platform 紙媒体 EFO 会報誌 フリーペーパー 無料サンプル F2転換 リピート率 PR KPI サブスクリプション キャスティング フォーム改善 カゴ落ち 越境EC コーズマーケティング バナー カスタマーサポート トライアルセット 解約抑止 クリック率 Instagram パーソナライズDM 同梱広告 挨拶状 カート コンバージョン率 ポイント制度 返金保証 口コミ 損失回避の法則 定期継続率 休眠掘り起こし アンケート 成分認知度 ファンデーション 回帰分析 客単価 CVR 運用型広告 中国 カタログ スマホ タイ 市場調査 物流 まとめ買い 確認画面 お休み制度 開封率 クレンジング 金券 サンクコスト 初回定期 ビジネスモデル レコメンド広告 社会的証明 手書き手紙 統計学 広告代理店 事業計画 アフィリエイト広告 レスポンス率 記事コンテンツ 記事型 CS アンケート型LP 単品リピート通販 CRM Tmall Global(天猫国際) メルマガ CPM分析 フルフィルメント Facebook広告 お礼状 ザイオンス効果 返報性の原理 神話の法則 保有効果 認知的不協和 PASONAの法則 ROAS ツァイガルニック効果 恐怖訴求 企業姿勢 送料無料 一貫性の原理 ゲル 完了画面 顧客ランク 若見え 顔出し 反応率 インバウンドアップセル ゲーミフィケーション NPS コンテンツマーケティング 動画広告 海外展開 MA 顧客ロイヤルティ マーケティング ユニットエコノミクス YD Yahoo!ディスプレイ広告 YDN KOL 単品通販 芸能人 広告起用 CVアップ 通販広告 費用 新規獲得 解約防止 CAC 解約率 MRR ARPU 媒体 無料モニター メイクアップ 圧着ハガキ プロスペクト理論 アンカリング効果 顔写真 離脱抑止 薬機法 ブランド 神田昌典 現状維持バイアス フォローコール サンクスレター 通販経営 フレーミング効果 コンビニ後払い 脳科学 カリギュラ効果 希少性 アンカリング カタログ通販 リスク・リバーサル プラシーボ効果 有意差 トライアルアセット 通販業界 ASP お客様イベント リスティング広告 プロダクトライフサイクル キャンペーン 下取り 損失回避 QRコード 媒体化 番組パターン ラジオ広告
全てのタグをみる閉じる
メールマガジン登録はこちら

“記事型”広告で「月間10,000件」を獲得する方法

実証済み“売れる”記事の作り方とテスト・改善の回し方を公開 記事型LPで獲得件数を増やそうとする...
“記事型”広告で「月間10,000件」を獲得する方法
無料ダウンロードはこちら
お問い合わせ
広告・CRMなど、各分野の専門家が
お答えします
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせフォームはこちら
お電話でのお問い合わせ
TEL: 03-6680-7513 (受付時間:平日 9:30-18:30)