単品リピート通販の事例から、

売れる仕組みのヒントをお届け

「ネイティブ広告」が分かるお薦め記事まとめ

記事型広告で「月間新規1万件」を獲得するための、PDCAの回し方

2018年7月10日
健康食品×お試しオファー(980円)の例
「FacebookやLINEから、記事を挟んでCPAを改善」「ネイティブ広告だけで、月間数千~1万件のCV(コンバージョン)獲得」など、単品リピート通販で広まっているのが「記事型」の広告手法です。これまでは広告コピーの型や記事の作り方をお伝えしてきましたが、今回は「成功企業がテスト・改善のサイクルを、どう回してきたか?」を解説します。

なぜ「記事型」広告が伸びている?CPAを維持して、直接CVを拡大できる理由

2018年6月13日
オンラインからの新規獲得で、この1,2年間で大きなボリュームを占めるようになったのが、「記事」を活用した広告手法です。なぜ「記事型」でCVを伸ばしている、単品リピート通販企業が多いのか?一時的なブームに過ぎないのか、それとも長期的な成長トレンドと捉えてよいのか?スマホの普及にともなうユーザー行動の変化やメディア側の動向などから読み解くとともに、今後2,3年間のトレンドを予測します。

「インスタでも話題」でCPA改善!インフルエンサー投稿・PR実績の2次利用の効果と、よくある失敗例

2018年5月30日
Instagramが消費者の購買行動に大きな影響を及ぼしていること、Instagramを活用することによって売上アップを実現している通販企業が増えていることは、前回の記事でお伝えしたとおりです。   なかでも、単品リピート通販の業態にとって効果が出やすいのは、「インスタでも話題」「芸能人も使用」「専門家が推薦」「マスコミにも取り上げられた」といった表現を使って、第三者による推奨を広告で活用すること。   この手法で効果が出た具体的な事例と、この手法を採用する企業が気をつけるべきポイントをお伝えします。

LINEで売れる広告クリエイティブ、 NEWS面とタイムライン面では大きな違い!

2017年11月16日
NEWS面(左)とタイムライン面(右)の広告掲載イメージ
化粧品や健康食品の広告掲載が2016年に“解禁”されてから、単品通販でも出稿が増えているLINE Ads Platform。ひと口にLINEと言っても、「NEWS面」と「タイムライン面」など掲載面によって、それぞれCVが獲れるクリエイティブは異なります。動画と静止画それぞれを活用して、ユーザー心理に沿ったクリエイティブを開発する考え方と成功事例をお伝えします。

【ネイティブアド事例】記事デザインの変更だけで、LP遷移率が1.5倍に!

2017年6月2日
導入文のテキスト分量によるA/Bテスト
ネイティブ広告の成否を握るのが、商品LPへ誘導する前段階の「記事コンテンツ」。記事の“見た目”を変更するだけで、LPへの遷移率やコンバージョン率などが改善することが分かってきました。記事のデザインをテーマに実施した、2つのA/Bテストの結果とともに解説します。

ネイティブ広告の裏ワザ公開!記事型LP制作の4ステップ

2017年6月2日
費用対効果を維持しながら、獲得件数を伸ばした事例
2016年から、単品リピート通販企業の広告費の投入額が爆発的に伸びたのが、ネイティブ広告(レコメンド広告)。ネイティブ広告で効率良くCVを獲得するための鍵は、“売れる記事”作り。そのための4つのステップを、まとめました。

“売れる記事”の書き方は?健康美容通販×ネイティブ広告で有効な、2つのシナリオ

2017年6月2日
ネイティブ広告の成否を握るのが、LPへ誘導する前にユーザーの購買意欲を高める、「記事コンテンツ」。数百本の記事コンテンツを制作してきたなかで、“売れる記事”の書き方はフレームワークに落とし込めることが分かってきました。通販化粧品や健康食品で“数字”が出た、2つのシナリオをご紹介します。

通販で“PR”は有効なの?「ダイレクトPR」が売上アップに貢献した、3つの事例

2017年4月17日
PR素材の二次活用
マスメディアに「広告」ではなく、「記事」として取り上げてもらうPR。これまで通販企業にはあまり活用されていない手法でしたが、広告との連動でCPA改善に貢献する事例が出てきました。通販ビジネスならではの「ダイレクトPR」について解説します。
12