単品リピート通販の事例から、

売れる仕組みのヒントをお届け

「インフォマーシャル」が分かるお薦め記事まとめ

インフォマーシャルの費用は?制作費・媒体費など料金の目安を解説

2016年11月25日
インフォマーシャルの費用
テレビ広告から爆発的なレスポンスを生むインフォマーシャル。 その反面、「広告費用が高い」という印象を抱く方もいらっしゃると思います。 制作費や媒体費などそれぞれにかかる料金の内訳と、金額の目安をまとめました。

制作会社任せにしてはダメ!インフォマーシャルで売れる番組の“鉄板”パターン

2016年11月25日
インフォマーシャルで売れる番組の”鉄板”パターン
インフォマーシャルでも反響を左右するのは、クリエイティブ。 売れている番組の構造を分解すると、共通するパターンがあることに気づきます。 4つの構成にしたがって、番組制作時に頭に入れておきたい原則をまとめました。

「希少性の原理」を応用した、テレビ通販の“絶妙の演出”とは?

2016年2月29日
テレビショッピングの番組を眺めていると、「残りわずか」や「あと○個」といった在庫情報が表示されることがありますね。 “手に入りにくい貴重な商品”と分かってもらい、注文に踏み切らせようとするという「希少性の原理」を応用した演出です。   「○○個限定で×割引」「お一人様□個まで」など、希少性を利用したオファーが氾濫する今でも、この在庫数の表示がなぜ“強力な武器”として機能しているのでしょうか? 限定オファーの信憑性を高める工夫を、リサーチしました。

インフォマーシャルで制作費用をムダにせず、A/B テストで反響を高める秘訣

2015年2月27日
制作費用の高い映像メディア(インフォマーシャル)では、A/Bテストがなかなか行いにくいとも言われていますが、工夫次第ではローコストでテストをくり返し、改善していくことが可能です。 今回は、「短尺の120秒であれば、冒頭の15秒」など特定のシーンだけを差し替える手法をご紹介します。

テレビで売れる商品の、呆れるほどシンプルな共通点

2014年12月25日
テレビ通販で売れる商品、売れない商品には、どのような違いがあるでしょうか? ネットや紙媒体の広告で売れる商品も、テレビで展開すると思ったほどは売れない、という例も少なくはありません。 電話が鳴り止まないほどの反響をたたき出しているインフォマーシャルを調べたところ、呆れるほどシンプルな共通点が見つかりました。

レスポンスが32%アップした、“衝動買い”誘発オファーの原則

2014年10月28日
テレビ通販で商品を購入する理由で、最も多いのが「お買い得」(72%)というデータが出ています。 お買い得感を伝えるなどして、「いかに衝動買いを促すか?」が注文の電話を鳴らすための生命線です。 ある健康食品の通販企業で、衝動買いを促すために3つの原則を取り入れてオファーを変更したところ、レスポンスが32%もアップした事例がありました。

「有名成分」「実験」「体験談」、3つの比較でレスポンスを上げる方法

2014年7月14日
インフォマーシャルでは、紙媒体やWEBと比べても、比較を用いた表現が効果的と言われています。 映像という特性を活かして、お客様の頭のなかで競合商品と比較してもらうことで、自社商品の強みを表現するのです。   とは言っても、直接に競合商品と比較してしまうと、他社誹謗になってしまう危険性もあります。 そんななかで有効な手法として、「有名成分との比較」「比較実験」「体験談での比較」の3つをご紹介します。

「割引」vs「おまけ」、テレビ通販でレスポンスが高かったのは?

2014年6月17日
「衝動買い」が多いと言われるテレビ通販(インフォマーシャル)で、レスポンスを高めるために大事なのがオファーです。 「2個ご購入で、今ならもう1つプレゼント!」 通販番組でよく見かける売り文句は、本当に効果的なのでしょうか? 年間80〜100パターンの番組を制作して、日々さまざまなテストをくり返すなかで分かった知見をお伝えします。
123