「休眠顧客」が分かるお薦め記事まとめ

「休眠顧客」について、単品リピート通販の事例などブログ記事をまとめました。

「休眠定期」を10%復活させたい!RFM分析に頼らない、顧客リスト抽出法

2017年8月23日
化粧品・健康食品通販業界では、CPOの高騰傾向にともない「休眠掘り起こし」にトライする会社が増えています。休眠顧客へのアプローチで鍵になるのが、リストの絞り込み。「RFM分析」など従来の方法論にとらわれず、DMの送付先リストを抽出して、過去定期顧客の復活に成功している事例と方法論をお伝えします。

休眠顧客の復活アプローチでROIを左右する、3つのポイント

2017年4月25日
既存の顧客リストを活用して売上アップを目指す、休眠顧客の掘り起こし。ところが休眠顧客に現役顧客と同じようなアプローチをとっても、レスポンスが取れずにROI(投資対効果)が悪くなりがちです。通信販売で休眠顧客へのアプローチで気をつけるべきポイントを、「リスト」「メディア」「クリエイティブ」の3点から解説します。

休眠のお客様が戻ってくる、”理由付け“ の法則

2015年2月27日
新規顧客の獲得が厳しくなり、CRMに力を入れる通販企業も多くなっています。 ところが、顧客リストに一律にDMを送っても、なかなかレスポンスがないケースも。 そんななか、お客様の姿を具体的に想定して深堀りしたうえで、お客様が買う「理由付け」をすることで、成功する事例が生まれています。

休眠顧客が“自動的に”復活する、ステップメールの仕掛け

2015年2月10日
見込み客や新規顧客の引き上げ・リピートのために活用されることが多い、ステップメール。 そのステップメールを、離脱顧客の掘り起こしのためにも活用している事例がありました。   ステップメールの反応を高めるために効果的な、「今すぐに買わなければいけない理由」づくりの考え方と合わせて解説します。

休眠になりかけていたお客様へのDM、一気にクロスセル!の仕掛け

2014年10月10日
初めて商品を試したものの、2回目の購入には至らない。 そんなお客様にリピートしてもらうためには、何がネックになっているのでしょうか?   ある化粧品会社で、2回目購入はせずに休眠になってしまったお客様にDMを送ったところ、予想以上に大きな反響がありました。 休眠顧客を呼び戻した仕掛けと、背景にある人間心理の特性を解説します。

休眠掘り起こしのダイレクトメール、反応率をアップさせた“挨拶文”の仕掛け

2013年10月11日
休眠顧客へはダイレクトメールを送っても、なかなか反応が高まらないことは知られています。 せっかく一度は買ってくれたお客様なのだから、どうしたら再び振り向いてもらえるのだろうか? 試行錯誤の末に制作したダイレクトメールで、想定以上のレスポンスが出ました。 その具体的な工夫を紹介します。

定期離脱「ロイヤル休眠」のお客様が復活した、DMの仕掛け

2013年2月13日
ある化粧品通販企業から届いた、ダイレクトメール(DM)。 休眠になってしまったお客様宛てに、ポイントの失効期限をお知らせする内容でした。 「定期離脱」など休眠顧客が購入を再開するために、トリガーとなる心理メカニズムを紹介します。
12