「お客様の声」が分かるお薦め記事まとめ

お客様の不安を解消して、注文の後押しをする5つの「信頼コンテンツ」

2015年10月30日
商品に興味をもって理解してもらったお客様が、その商品を「購入してもよい商品である」と認識してもらい、注文の後押しをするのが「信頼コンテンツ」の役割です。 単品リピート通販チラシで使われる信頼コンテンツには、5つのパターンがあります。 ①愛用者の体験談、②Q&A、③販売企業の信頼性、④開発者や代表者など販売関係者のコメント、⑤第三者である専門家のコメントを紹介します。

「お客様の声」を取り入れて、売上アップへと転換する方法

2015年7月17日
「お客様の声」を取り入れたマーケティングが大事とはよく聞きますが、実践して成果を挙げられている会社は意外にも多くありません。 成功している企業は、いつ誰の「声」を聞き、どのような手順で施策に反映しているのでしょうか? 新規購入時のサンクスページで「買った理由」を、定期解約時に「やめた理由」を機器、販売に役立てている事例をお伝えします。

休眠のお客様が戻ってくる、”理由付け“ の法則

2015年2月27日
新規顧客の獲得が厳しくなり、CRMに力を入れる通販企業も多くなっています。 ところが、顧客リストに一律にDMを送っても、なかなかレスポンスがないケースも。 そんななか、お客様の姿を具体的に想定して深堀りしたうえで、お客様が買う「理由付け」をすることで、成功する事例が生まれています。

インフォマーシャルで制作費用をムダにせず、A/B テストで反響を高める秘訣

2015年2月27日
制作費用の高い映像メディア(インフォマーシャル)では、A/Bテストがなかなか行いにくいとも言われていますが、工夫次第ではローコストでテストをくり返し、改善していくことが可能です。 今回は、「短尺の120秒であれば、冒頭の15秒」など特定のシーンだけを差し替える手法をご紹介します。

「有名成分」「実験」「体験談」、3つの比較でレスポンスを上げる方法

2014年7月14日
インフォマーシャルでは、紙媒体やWEBと比べても、比較を用いた表現が効果的と言われています。 映像という特性を活かして、お客様の頭のなかで競合商品と比較してもらうことで、自社商品の強みを表現するのです。   とは言っても、直接に競合商品と比較してしまうと、他社誹謗になってしまう危険性もあります。 そんななかで有効な手法として、「有名成分との比較」「比較実験」「体験談での比較」の3つをご紹介します。

「愛用者の声」、視聴者には“本音”を見破られる?

2014年6月10日
通販では、購入へとお客様の背中を強く後押しするのは「愛用者の声」。 とは言え、どんな愛用者を登場させてもよいのかといえば、そうではありません。 インフォマーシャルで、愛用者の声のシーンを別のお客様の映像に差し替えたところ、驚くべきレスポンスの変化が起こってしまいました。

チラシのA/Bテストの2回目、改善点を探るヒントはコールセンターに

2012年3月13日
コールセンター
「いくつかの広告原稿をつくってテストをしたものの、テストの結果を次の改善にどう活かしたらいいのか分からない・・・」という声を最近よく伺います。 たしかに、キャッチコピーや写真だけを差し替えるA/Bテストではなく、ビジュアルもコピーも全く違う原稿をつくってテストを行うと、次に原稿のどの箇所を改善すればよいか、迷うものです。 通販コピーライターの視点から、改善点を探るヒントについてお伝えします。
123