「離脱防止」が分かるお薦め記事まとめ

定期購入サービスで解約率(離脱率)を下げるための、改善事例3選

2017年6月15日
定期購入(サブスクリプション)サービスで重要なのが、既存顧客の継続率を高くキープすること。データ分析やA/Bテストなどを活用して、解約率/離脱率を低く抑えるための改善施策が、多くの企業で試みられています。携帯電話・食材宅配(ネットスーパー)・インターネットプロバイダーの3つの業種で実際に行われた、成功・失敗事例を紹介します。

「1年後の継続率が95%」(NPOのマンスリーサポーター)の秘密は、自動引き落とし決済

2012年8月17日
毎月1,000円からの寄付(マンスリーサポーター)を募っているとある団体。 1年後に定期的な支援を継続している率は、90〜95%と高水準にのぼると言います。 その要因には、無理なく寄付を続けられる仕組み、すなわちクレジットカードなどでの自動引き落とし決済がありました。

定期コース、「3回目」離脱の危機を乗り越えるために

2010年1月19日
多くの通販企業で、定期顧客の離脱率が高くなるのが3回目のタイミングです。 3回以上の購入を条件とする「縛り」以外で、プレゼントを用いて定期離脱を防ごうとする事例が、いくつかの健康食品企業で見つかりました。 プレゼントをどのように活用すれば、効果的に継続を促進できるのか?考えてみましょう。