単品リピート通販の事例から、

売れる仕組みのヒントをお届け

お役立ちブログ

単品リピート通販の先進事例など、ダイレクトマーケティングに関する実践的な情報をスタッフが発信しています。

休眠顧客が“自動的に”復活する、ステップメールの仕掛け

2015年2月10日
見込み客や新規顧客の引き上げ・リピートのために活用されることが多い、ステップメール。 そのステップメールを、離脱顧客の掘り起こしのためにも活用している事例がありました。   ステップメールの反応を高めるために効果的な、「今すぐに買わなければいけない理由」づくりの考え方と合わせて解説します。

健康食品企業の顧客データから見つかった、LTVが“不自然に”高い年齢層

2015年1月30日
ある健康食品通販企業の顧客データを分析したところ、LTVが抜きん出て高い顧客属性が見つかりました。   そのデータを活用して売上アップを実現するためには、どのような視点でデータを捉えればよいか? 実際の施策へと、どのように結びつければよいか?   実データをもとに解説しました。

2015年、通販という産業に押し寄せる“大変化”

2015年1月8日
「2015年、こんな年になる!」という年始恒例の予測を弊社グループ株式会社ワンスター DRM研究所より発表しました。その4大トピックスは「広告予算のCRM領域へのシフト」「効率重視のテクノロジーが今後も活性化し、複数商品展開を行う企業が増加する」「リピート通販業界の海外展開が活性化」「ネット広告代理店の一部に陰りがでる1年」です!

テレビで売れる商品の、呆れるほどシンプルな共通点

2014年12月25日
テレビ通販で売れる商品、売れない商品には、どのような違いがあるでしょうか? ネットや紙媒体の広告で売れる商品も、テレビで展開すると思ったほどは売れない、という例も少なくはありません。 電話が鳴り止まないほどの反響をたたき出しているインフォマーシャルを調べたところ、呆れるほどシンプルな共通点が見つかりました。

カタログの掲載商品数を減らしたとき、売上に変化は?

2014年12月10日
21世紀初頭、テレビ通販で一世を風靡した「ビリーズブートキャンプ」。 そんな大ヒット商品を輩出した通販企業(ショップジャパン)ですが、ブームの終焉後には売上が伸び悩んでいた時期もあったそうです。 売れ筋の商品をカタログに載せて送っても、売上が思ったようには伸びない。 そんなとき、販売データを分析してカタログのリニューアルを断行することにしました。

あなたの会社で、定期顧客が離脱する理由、把握してますか?

2014年11月27日
定期購入をやめるお客様にその理由を尋ねて、離脱理由の1〜3位を集計したところ、興味深い分析結果が分かりました。 1ステップ/2ステップなど売り方によっても、上位の理由が異なるのです。 定期顧客の「やめる理由」と、離脱を防ぐためのコミュニケーション施策を合わせてお伝えします。

「クレジットカード決済=LTVが高い」 通説の真相は?

2014年11月14日
通販でクレジットカード決済を選択するお客様のLTVが高い傾向は、広く知られています。 ではこの傾向にもとづいて、すべてのお客様にクレジットカードでのお支払いを薦めることが、「正解」なのでしょうか? ある健康食品通販企業の購入データから、決済方法ごとのLTVを分析したところ、LTVが高いお客様に共通する意外な事実が分かりました。

レスポンスが32%アップした、“衝動買い”誘発オファーの原則

2014年10月28日
テレビ通販で商品を購入する理由で、最も多いのが「お買い得」(72%)というデータが出ています。 お買い得感を伝えるなどして、「いかに衝動買いを促すか?」が注文の電話を鳴らすための生命線です。 ある健康食品の通販企業で、衝動買いを促すために3つの原則を取り入れてオファーを変更したところ、レスポンスが32%もアップした事例がありました。
«...1020...2829303132...4050...»