単品リピート通販の事例から、

売れる仕組みのヒントをお届け

お役立ちブログ

単品リピート通販の先進事例など、ダイレクトマーケティングに関する実践的な情報をスタッフが発信しています。

「口コミ」と「購入回数」の、意外な関係

2013年11月26日
「口コミで、商品が広がる」 もしそんな状態をつくれれば、広告に費用をかけずに新規顧客を獲得できるので、理想的ですね。   そんな狙いをこめてか、数多くの企業が「お友達紹介キャンペーン」を展開していますが、実際にお友達へ商品を紹介してくれるのは、どのようなお客様でしょうか? ある化粧品通販企業で、紹介者についてデータベースから分析したところ、意外なことが分かりました。

「件名」「差出人名」の文字数は?スマホで売れるメール、4つのテクニック

2013年11月22日
iOSメール一覧画面
スマートフォン(SP)の普及にともない、PCでの成功パターンが変化しつつあるメールによるCRM。 件名や差出人名などの工夫によって、効果に大きな差が生まれることが分かってきました。 単品リピート通販企業のデジタルマーケティングを支援するなかで培った、スマホ時代に有効なCRMのテクニックを、解説いたします。

広告の“購入の決め手”を探りたい!コールセンターで活用した「ヒアリングシート」とは?

2013年11月22日
ヒアリングシートを元に原稿改善を行ったA原稿
新しく広告原稿をつくると、どの企業でも行うのがA/Bテスト。 ところが、その結果を「次の広告原稿の改善に活かすのが難しい」という声も多く伺います。 「ヒアリングシート」を使って、お客様が購入の決め手となった箇所を受注時に電話で聞き出し、レスポンスを大きく上げることができた事例をご紹介します。

「お友達が紹介してくれたんです」は、狙って起こせる?(後編)ー特典を充実させるほど、紹介してもらえるようになる?

2013年11月22日
出典・図表参考:「その顧客満足度調査はホントに役に立っているのか?真の顧客志向を目指す『NPS』という指標」
前編に続いて、お客様にどのようなメッセージを発信すれば、紹介が生まれやすくなるのでしょう? すぐに思い浮かぶのは、紹介による特典を充実させること。ある健康食品を購入したときに、同梱されたチラシに載った文言です。

「お友達が紹介してくれたんです」は、狙って起こせる?(前編)ー購入回数の多いお客様ほど、紹介してもらいやすい!?ー

2013年11月22日
弊社グループで収集していた、化粧品・健康食品のお友達紹介ツール
新規顧客の獲得チャネルとして有効なのが、「お友達紹介」。 広告費0円で獲得できるメリットはありますが、レスポンスとして明確な数字が出る広告とは異なり、そのメカニズムが見えづらいのが難点です。 そこで、「紹介の起こりやすいタイミング」と「会社がお客様に伝えるべきメッセージ」について調べた結果を、前後編でお伝えします。

3回のテストで、CPRが約1/3まで改善!健康食品チラシ事例

2013年11月14日
チラシで初めて広告を出稿したとき、目標値をクリアできなかったとしても、焦る必要はありません。丁寧にテストをくり返して、販売につながる要素が何か?を検証していけば、レスポンスは改善していきます。ある健康食品(サプリメント)で、訴求やターゲットなどのテストをくり返し、目標のCPR10,000円を見事にクリアした事例をお伝えします。

電話・ハガキでお客様の声を聞いて、化粧品チラシの反響が伸びた!

2013年11月14日
化粧品のチラシで、テストによってレスポンスを継続的に高めていった方法を紹介します。1回目のテストでハガキのアンケートや電話でのヒアリングを行い、そこで得たデータを2回目のテストにおける改善に活かしました。

キャッチコピーを大きくしただけで、反応率1.3倍!チラシのA/Bテスト事例

2013年11月14日
テストによる改善を重ねてできた紙面に、「あともう一歩レスポンスを上げたい」というときに有効なのが、キャッチコピーやチラシの大きさを変えて、広告を目立たせる仕掛けです。 レスポンス率が1.3倍にアップしたチラシなど、改善事例をお伝えします。
«...1020...2829303132...4050...»